この記事は約4分で読めます。

【LINE@質問】インフラエンジニアになるための勉強はどうやってすればいい?

【LINE@質問】インフラエンジニアになるための勉強はどうやってすればいい?

インフラエンジニアは、かなり不足している状態です。

編集長
インフラに興味をもつことはとてもいいことですよ!

この記事では、インフラエンジニアになるための、おすすめ勉強方法をお伝えしたいと思います。

インフラだけを勉強することは可能ですか?

結論としては・・・「インフラ単品」で勉強するのは仕組みの上からいって難しいです!

その理由ですが、インフラは「アプリを動かすための土台」という性質だからです。

土台だけを作っても、上で動かすためのアプリがないと、検証テストすることもできません。

アプリが使えなければ、インフラを作った実感も持てませんし、

  • 勉強のモチベーションをなくしやすい
  • アプリがないと障害対応の練習ができない

など、インフラ単品だけの勉強では、難しい側面があるんです。

インフラエンジニアになるためのおすすめ勉強は?

インフラエンジニア志望者への、おすすめの勉強法としては

  • 何か本当に「簡単なアプリケーション」を作ってみる
  • そのアプリケーションを実際に乗せられる「インフラ」を作る

この2つを間にはさんだ勉強法がおすすめとなっています!

動かす「アプリ」乗せるための「インフラ」、両方を考えると勉強になるんです。

アプリとインフラの関係がわかる例をひとつ紹介しますね。

アプリとインフラの関係を調整する「冗長化」とは!?

例えばこんなアプリを作ったとします。

  • 1つ1つの(サーバーへの)負荷は少ない
  • しかし「クリスマスの夜」「年越し」などアクセス集中するタイミングが予想される

このような場合、アクセスが集中した瞬間に、複数のサーバーに負荷を分散させたりします。

アプリとインフラを現実の使用状況に合わせて調整することを「冗長化」(じょうちょうか)と呼んでいるんですよ。

具体的にはこんな方法で解決します。

  • 負荷を振り分ける「ロードバランサー」というものを設置する
  • 新しいデータベース、アプリのサーバーを増やす

こんな仕組みを知っていると、インフラの現場で役立ちます。

インフラだけでなく、アプリも一緒に作った方がいい理由が伝わりましたでしょうか。

次はインフラの上に乗せるのはどんなものを作ると勉強になるのかお話します。

インフラの上に乗せるのはどんなものを作ればいいの?

簡単なアプリでこの2つのどちらでも構いません。

  • Webアプリ
  • スマートフォンアプリ

どちらのアプリを作る時にも、現在では「データベース」という、情報の整理・収納するものを作ります。

  • サーバーを立てる
  • データベースを作る

このような作業をこなすことで「インフラ」の学習がついてくるんですよ。

インフラエンジニア・アプリエンジニアの実情も少し話しますね。

インフラ・アプリでエンジニアの境目がなくなってきています

勉強方法から少し離れますが、最近の流行(トレンド)もお話しますね。

  • インフラエンジニア
  • アプリエンジニア

これらの境目がなくなってきています。

クラウド環境ができたことが関係しているのではと思われます。

「インフラ構成のコード化」について

インフラストラクチャー・アズ・ア・コード(Infrastructure as a Code)という考えが、エンジニアの間に浸透してきました。

ざっくり説明しますと、インフラ(基盤)の仕組みを作るときに、プログラムのようにコードを書いてしまうんです。

サーバーの歴史で

  • ハードウェア・物理的なサーバーをさわったり
  • クラウドサーバー(WS・ワークステーションなど)が登場したり

近年ではクラウドサーバーから直接code(コード)を取り出す機会がふえてきました。

「コード」という共通点があることから、アプリエンジニアも「インフラ」を一緒にやってしまおうという流れになっています。

しかしなりたいのはインフラエンジニアですので、勉強の仕方おすすめに戻りますね。

インフラエンジニアの勉強の仕方おすすめは!?

  1. まずアプリ側から作ってみて
  2. コードに慣れ親しんで
  3. インフラもコードで書いてみる

WS(ワーク・ステーション)・GCP(グーグル・クラウド・プラットフォーム)などをはじめとするクラウドで、実際にインフラを作ってみることのが、これから勉強する方へのおすすめです!

まとめ

インフラエンジニアの勉強方法ですが

  1. アプリを作る
  2. そのアプリを乗せられるインフラを作ってみる

ということでお答えしました。

インフラエンジニアは不足しているので、給料がすごく高い状態です。

興味のある方は、ぜひとも挑戦していただきたいと思います!

LINE@

この記事をシェアする