タバコ、酒、ギャンブル、精神論がはこびる職場で消耗しているの?

YUMA
こんにちは。タイトルのような職場はありえないと思っている打田です。
よく東洋経済オンラインなどで「最近の若者は〜」みたいな記事見ませんか?

それ若者じゃなくても嫌だから(笑)なんてツッコミを1人で入れています。

就職するときに職場環境ってあんまり気にしない人が多い気がするけど、大切なことなので僕の意見を書いてみます。

最近の若者じゃなくても嫌

僕は29歳なんで全然若者じゃないんだけど、一昔前みたいな職場は嫌ですよ!

YUMA
むしろ酒、タバコ、パチンコやらない人と働きたいですね。

酒、タバコ、パチンコが当たり前な職場

名称未設定 001

僕が昔働いていた工場は会話の9割がパチンコタバコでした(笑)

YUMA
興味ないんだよな〜

と思いながら聞き流していましたが、休憩時間の意心地はよくなかったなぁ。いじめられている時の昼休みみたい。

働きやすい職場

ポイントは会社単位ではなく、職場や上司単位なんでかと言うと、職場の雰囲気は上司の人間性で決まるんですね。

僕は以前わりと大きな会社にいたのですが、部署によって雰囲気はまちまち。上司がお酒やタバコが嫌いな人だったので、その間は極楽でしたよ。

しかし、その後体育会系上司に変わった途端、飲み会は増えるは、飲み会での喫煙も増えるわでもうグロッキー。

当たりを引く方法

まずはググる

ネットの情報はあてにならないっていう人が居ますが、意外に的を得ている情報もあります。

一番手軽に調べられる方法だけに、まずはネットで調べてみましょう。

OB,OG訪問する

最も確かな情報が得られるのはその職場で働いている人に聞くことですね。

マッチャーあたりがオススメですよ。

みなさん時間を取ってくれて色々聞かせてもらえます。僕も登録しているので、よかったら申請してみてくださいね。

すぐに逃げられる準備をする

もし、やばい職場環境に入ってしまったらすぐにでも転職活動の準備をして逃げましょう

別に逃げてもいいんですよ。人生は有限、しかも20代のいい時期なんてあっという間です。

うん。もうすぐ30歳の僕が言うんだから間違いない。

この本の家入さんなんて逃げまくっても成功してますからね。

というわけで、自分にあった職場に入れるように調べていきましょう。

インターン生募集のお知らせ

それに関連して弊社ではインターン生の募集をしています。

酒、タバコ、パチンコやらなくて、プログラミング、Webマーケティングの興味のある人は一度募集要項を見てもらえればと思います。

この記事をシェアする