この記事は約6分で読めます。

ニートがプログラマーを目指すのは正解。最低限のコミュ力で乗り切ろう

ニートがプログラマーを目指すのは正解。最低限のコミュ力で乗り切ろう

就職したいけど、ニート期間が長くなってきて色々心配だ。

人とも話してないし心配。

そんな方はまずプログラマーとして働くのが間違いなくおすすめです!

なぜニートがプログラマー?

と思うかもしれませんが、コミュ力が落ちているニートの方だからこそ、プログラマーがおすすめな理由が3つあるんです。

さらに、プログラマーってどういう風になるのか?という方のために、プログラマーになるための流れも説明していきます。

この記事をちゃんと読んで行動してもらえれば正社員プログラマーとなり、ニート脱却への道が開かれますよ!

プログラマーは人手不足

正直言って今の日本では空白期間のある人の就職は厳しいです。

しかし、成長産業かつ人手不足の業界では就職のハードルが下がりますね?

プログラマーは現在かなりの人手不足なので、就職しやすい。これは紛れもない事実なので、おすすめできる理由です。

プログラマーは将来性あり

しかし、ただ人手不足なだけでは到底おすすめできません。いくら就職しやすくても・・・

  • スキルが付かず収入が上がらない
  • 違法労働のブラック企業
  • 精神を病む企業

こんな所で働いてもあなたの未来は暗いのはわかりますね?

その点、プログラマーは将来性ある仕事なのです。

昇進しやすい

まず会社員としてプログラマーを続けた場合、他の会社よりも昇進して収入が上がる確率が高いです。

なぜならIT業界は成長産業なので、会社自体が成長する可能性が高いんです。

そのため、順調にキャリアを積み重ねていけば会社が成長した際に昇進する可能性が高いですよね。

これがメーカーだと基本的には新卒で入った人が優遇され、会社が成長する可能性もIT業界よりも低いので、空白期間がある方は不利になってしまいます。

そのため、プログラマーがおすすめというわけです。

フリーランスになれば稼げる

選択肢は会社員だけには留まりません。

あなたも一度はインターネット広告で「フリーランスエンジニア」という文言を見たことがあるのではないでしょうか?

自分はフリーランスなんて。。。

と思うかもしれませんが、あなたが考えているよりフリーランスエンジニアのハードルは低いんです。

2〜3年ほど経験を積んでフリーランスエンジニアになれば年収は600万円を超えるでしょう!

詳しくは以下の記事で解説しているので、気になる方は読んでみてくださいね。

収入1.5倍!?フリーランスエンジニアの実態とは

2018.01.18

教える仕事も増える

プログラマーとしての経験を積めば開発だけでなく、教える仕事もできるようになります。

世間では人気の習い事としてプログラミングが上位にランクイン

地方にはまだまだ少ないですが、首都圏だとプログラミング教室がたくさんあります。

でもプログラミングを教える人も不足しています。それはそうですよね。開発する人が少ないのに教える人の確保まで手が回らないですからね。。。

これは編集長の予想ですが、近い将来今の学習塾のように各地にプログラミング教室が建つ日もそう遠くないと思っています。

雑談力がなくても勤まる

家にずっと居て誰とも話してないから不安だ。。。

そう思うのも無理はありません。

よく空白期間がある方に採用されやすいからと言って、営業や小売を勧める人もいますが、僕は反対です。

ずっと会話していない方にとって、新規開拓の営業や接客を1日中やるのは本当にストレスになるでしょう。

その点、プログラマーであれば仕事上の会話だけできれば何とかなります。楽しく雑談は難しいですが、以下のような会話なら気を使う必要もないですね。

IT企業社員
仕様書の中身でわからない部分はあるかな?
編集長
10ページ目のメソッドの意味がちょっとわからないです・・・
IT企業社員
ここは〇〇という意味だよ!
編集長
承知しました。ありがとうございます!

といった仕事内容に関するビジネス会話なら楽しく雑談する能力がなくても仕事は務まりますね。

最終的にコミュニケーションは慣れ

ここまでコミュニケーション能力は必要ないと書いて来ましたが、結局は慣れの問題なんですね。

何を隠そう編集長の打田も大学生の時は大学にもほとんど行かず、↓こんなゲームばかりやっていました。

その結果、働き始めてからは苦労しました(笑)

コミュニケーションが苦手だと思っていても案外時間が解決してくれます。そのためにもまずは就職して、スキルと最低限のお金を得る方向に進む事をお勧めします!

プログラマーへの道のり

ニートからプログラマーを目指す方はこのようなステップで採用されることを目指しましょう!

  1. プログラミングに触れてみる(プロゲート、ドットインストール等)
  2. 自分の興味・関心から作ってみたいアプリをイメージする
  3. 実際に作ってみる
  4. 求人に応募する
  5. 書類選考や面接で作ったアプリをアピールする

ここまで書いてきたようにプログラマーは今とても採用されやすい状況なのですが、空白期間がない方が丸腰で飛び込むと落とされます間違いなく

今現在、働いておらずこれから就職を目指す方は少しでも採用される確率を上げていかなければいけないですね。

さらに詳しくは下記記事にて解説していますので、気になる方は覗いてみてくださいね。

プログラマーを目指す道のり

まとめ

  • プログラマーは採用されやすい
  • プログラマーは将来性あり
  • 雑談力がなくても仕事になる
  • プログラマーになるためにはポートフォリオ(作品)を作ってアピールすること

現状維持なら悪くなるばかりなので、本気で就職したい方がいましたら、当サイトの就職保証付きレッスンを利用してみてはいかがでしょうか?

フリーター・ニートの方向けに特化したレッスンなので、興味があればこちらからご覧くださいね。

相談歓迎

ただ、置かれた状況は人それぞれで不安な事もいっぱいあるかと思います。

IT業界やプログラマー、インフラエンジニアに興味があるけどどうすればいいかわからない!

という方がいらっしゃいましたら、↓のLINE@から相談を随時受け付けていますので、お気軽にご相談くださいね。

経験豊富なメンバーや編集長打田が対応させていただきます( ・∇・)

この記事をシェアする