この記事は約3分で読めます。

大学4年間の学費でできることを考えてみた

こんばんは。ウチダユウマです。

僕は人材系のWebサービスを運営しているので教育の事もよく考えます。

理系の私立大学に4年間通い約600万円の学費を出してもらいました。当時は何も考えてなかったです。

だからこそ、これから進学しようとしている方に参考になればと思い記事にしました。

 

プログラミングスクール

スクリーンショット 2016-08-28 16.56.22

こちらはテックアカデミーさんの料金を引用しました。Ruby on RailsというWebアプリを作るためのフレームワークをこのお値段で受講できます。

600万円も必要ないですが、こちらでいくつかのコースを受講して自分でサービスやアプリを開発すると就職もしやすくなりそうですね。

残りのお金でサービスの運営をしてみるのも良さそう!

 

専門学校

専門学校といっても色々ありますが、実用的な看護学校だと3年間通う必要があり、学費は300〜400万円程度のようです。

医療関係は人手不足となるので、医療業界に興味がある方にはいい投資だと思います。

逆に同じくらいの学費で◯ロゲー◯ー養成学校や調◯師の免許が取れる学校もありますが、費用対効果を考えて選ばないと学費が無駄になってしまうので注意が必要です。

 

起業

600万円あれば十分起業できると思います。僕なんか資本金300万円ですし(汗)

たとえ失敗したとしても起業から学べるものは多いと思っています。なぜならば・・・

起業するとなると世の中のニーズを調査して、ニーズに合った商品を考えて、見込み客に会うためのマーケティングを考え、営業するといった一連の流れを自分で考えるしかないのですごく頭を使います。

もし売れれば自信にもなります。また、一人で起業していると当然ながら経理も行わなければなりません。経理をやるとお金の流れがわかるし税金の知識も付きます。

大学で一方的に講義を聞いているよりも実践的で役に立ちます!

こんな事を書いてると僕もやっとけばよかったと思ってしまいますが、過去は取り戻せないので前を向きます!

 

世界一周

こちらの記事を参考にいたしました。だいたい200万円くらいで行けるみたいです。

残りの400万で田舎に住んで世界1周をネタにブログでマネタイズですかね?

なんかイケハヤさん的な記事になってしまいましたが、ブログを書いて生活したいと考えている人には600万で生きられる間にマネタイズを行うのも選択肢の一つではないでしょうか?

 

クリエイティブな活動をやってみる

 

小説を執筆

小説は無料で書けますね。しかしその間の生活費や取材代がかかるので、全くの無料ではありませんが、新人賞を目指すだけの時間は稼げそうですね。

自分が興味を持ったことでがんばれば財産になると僕は信じているので、小説家になりたい人はまずやってみたらいい!

もし、ダメでも文章を書く仕事なんていっぱいあるから、そっちでがんばってもいいじゃないですか

 

映画を撮影

予算オーバーですが、映画も安く撮れるようになってます。こちらの記事ではiphoneだけで撮影された映画の特集がされています。

機材にはあまりお金がかからないので、人件費や編集などで1100万円程度のようですね。

映画を撮るとなるとストーリー、キャスティング、俳優集め、編集技術など様々な能力が必要になることは容易に想像できますね。

自分の力で映画を完成させることができれば、業界が欲しがる人材になること間違いなし。

 

おすすめしないこと

株などの投資

600万円では足りないからです。600万円が元本では当たっても大した利益は得られず、失敗すればなくなってしまうので、投資するには少な過ぎる額と言えるでしょう。

 

ただの消費

600万円で高級車を買う、家をリフォームするなどの消費はおすすめできないです。

学費は未来の自分に投資するためにあるので、この600万円をどう使えば将来利益を得ることができるか考えて使うべきですね。

まとめ

僕は大して考えずに大学生活を送ってしまったので、これから育っていく人は良い10代を過ごせることを祈ってます!

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です