この記事は約3分で読めます。

クレジットカードなしで登録できるクラウド開発環境 codenvyを解説

ココカラエンジニアではプログラミングにチャンレンジする初心者の方にはCloud9をおすすめしています。

がしかし、Cloud9は登録にクレジットカードが必須になってしまったため、クレジットカードを持っていない方や

クレジットカードを登録するのが怖い

という方に編集部からおすすめのクラウド開発環境をご紹介しますね!

*クレジットカード登録ができる方はCloud9がおすすめです

【挫折させないWebアプリ講座④】プログラミング初心者が挫折する開発環境を3分でゲットする方法

2017.04.29

Codenvy

まずはCodenvyにアクセス。そうするとこちらのログイン画面になりますね。

アカウントがない状態なので、画面中央下のCreate Oneをクリック!

スクリーンショット 2017 11 19 10 43 56

メールアドレスとパスワードを入力してCreate Accountをクリック。

スクリーンショット 2017 11 19 10 44 23

この画面に到達できればOKです!

スクリーンショット 2017 11 19 10 45 03

次に登録確認メールが来るので、その中にある確認リンクをクリックしましょう。そうすると以下の画面が現れるので、Verify Emailをクリックしましょう。

スクリーンショット 2017 11 19 10 45 40

すると詳細情報の入力画面に移るので、準備入力していきましょう!英語なので、入力欄の解説をすると・・・

上から順に

  1. 名前
  2. 名字
  3. 会社名(なんでもOK)
  4. Developerを選択
スクリーンショット 2017 11 19 10 46 18

打田の入力例はこちら。Get Startをクリックすると開発画面が立ち上がりますよ。

スクリーンショット 2017 11 19 10 47 15

CREATE WORKSPACE をクリック!

50ea5a3937398401bd3e1972c5cf86f3

作成するプロジェクト(アプリ)名を入力し、その言語を選択します。

2519f49b1cba72a1fd0684f9d11cba8e

CREATEをクリック!

スクリーンショット 2017 11 19 11 27 53

ここでも再度、CREATE Projectをクリックです!

スクリーンショット 2017 12 31 18 50 45

お次に言語とプロジェクト名を再度入力すればOK!

スクリーンショット 2017 12 31 18 50 57

すると、必要なファイルが作成されて開発をすすめる準備が完了しました。そして三角ボタンからRUNをクリックするとプログラムが起動して、プログラムを動かすことができます!

スクリーンショット 2017 12 31 19 10 22

オレンジの枠で囲った部分がアプリのURLなので、こちらをクリックするとアプリのプレビューを見ることができますよ。

スクリーンショット 2017 12 31 19 10 45

プレビュー画面がこのようになっていれば、Codenvyのセットアップは完了です!お疲れ様でした。

スクリーンショット 2017 11 19 11 42 13

Cloud開発環境を使うことによってプログラミングの勉強に集中することができるので、こちらで開発をどんどん進めていきましょう!

完全初心者向けのコンテンツはコチラ↓

初心者がWebアプリを開発する7STEP

この記事をシェアする