Windowsユーザーの味方!PHPを使う時にはXAMPPでらくらく開発

YUMA
こんにちは。Windowsはタンスの奥にしまっているYUMAです。

普段はWindowsを使わないのですが、僕にプログラミングの質問をしてくださる方はWindowsユーザーが多いので、Windowsユーザーに向けた記事を書こうと思います。

Windowsユーザーというだけで、プログラミングを始められないのはかなりもったいないので、本日はWindowsでも簡単にPHPの開発環境を整えられるXAMPPというツールの使い方を解説していきましょう!

XAMPPでできること

それはPHPを使ったWebアプリの開発環境を入手できます。

Wikioediaの解説によると・・・

XAMPP(ザンプ)とは、ウェブアプリケーションの実行に必要なフリーソフトウェアをパッケージとしてまとめたもので、apachefriends.orgから提供されている。主として開発用あるいは学習用ではあるが、イントラネットなどにおいて実運用環境として使われることもある。

本来はコマンドライン(黒画面)から

  • Apache
  • MariaDB(MySQL)
  • phpMyAdmin

をダウンロード、インストールする必要があるのですが、XAMPPはこれを一括で準備してくれる便利なソフトなんです!

XAMPPのダウンロードとインストール

まずはダウンロード

XAMPP公式サイトからXAMPPをダウンロードしましょう。

スクリーンショット 2017 10 24 20 35 35
Windows用インストーラーをダウンロードしていきます。

次にインストール

Install

ダウンロードした .execファイルをダブルクリック

3

ここは無視してOKをクリックで大丈夫です。

4

NEXTをクリック

5

NEXTをクリック

Cドライブ直下にXAMPPフォルダが作られます。
6

NEXTをクリック

7

NEXTをクリック

8

インストールがはじまるので、3分ほど待ちます。

特に何もエラーがなければインストール完了です。続いてXAMPPを起動して設定を行なっていきましょう。

XAMPPの設定

何も設定を変えてなければスタートメニューにXAMPPがあるはずなので、そこから起動しましょう!

もしなければ↓を参考に探してみてください。

20

Cドライブ/XAMPP/xampp-controll.exe

PHPファイルで動作確認

最後にPHPを動かして動作確認をしましょう。

Apache、MySQLの起動

Apache、MySQLそれぞれのSTARTボタンを押して起動しましょう。

19

その際に以下のようなネットワーク接続の許可を求められると思います。

Install16

プライベートの方にもチェックを入れてアクセスを許可しましょう。

Install17

こちらも同じように、プライベートの方にもチェックを入れてアクセスを許可しましょう

PHPファイルを置く場所

XAMPPにはPHPファイルを置くフォルダが指定されていて、そのフォルダにファイルを置かないとPHPが動作しません。

このフォルダの事をドキュメントルートと言います

その場所が

Cドライブ / XAMPP / htdocs

になります。画像で説明するとコチラ!

Install6

エクスプローラーのCドライブをクリック → その中のXAMPPフォルダをダブルクリック

Install7

XAMPPフォルダの中のhtdocsフォルダがPHPファイルを置く場所になります。

PHPファイルのテスト

実はhtdocsフォルダの中には index.phpというファイルが最初から用意されています。

index.phpを開くとこんなコードが書いてあります。

Install5

このままだとダッシュボード(XAMPPのHP)の飛ばされているので、以下のように内容を変更します。

Install8

 

ここまでできたら、ブラウザでPHPが動いているかを確認しましょう!

http://localhostにアクセスしてみましょう。

Last

以下のように先ほど書いた文字がブラウザに出力されればOK!

お疲れ様でしたm(_ _ )m

楽しくが一番

本来MacやLinuxでないとやりにくかったWebサービスの開発が比較的簡単にできてしまいます。

つまらない開発環境の構築に時間を取られずに楽しくWebサービスの開発ができるのは本当にいいですね!

みなさんもXAMPPを使って楽しいプログラミングライフを送ってくださいね!

もしXAMPPの設定でわからない部分があったら↓のLINE@から質問くださいね。

この記事をシェアする