この記事は約4分で読めます。

Webアプリとスマホアプリの違い

Webアプリとスマホアプリの違い

スマホの爆発的な普及によってアプリは私たちの身近な存在になりました。

そんなアプリにはWebアプリとスマホアプリの区別があり、それぞれ違いがあるんですね。

ここでは、2つのアプリの違いについて詳しく解説していきます。

Webアプリとスマホアプリの特徴や具体的にどのような違いがあるのか、またそれぞれのメリット・デメリットについても知ることができますよ。

特にアプリ開発に興味のある人は、Webアプリ・スマホアプリの違いを知っておくとどんな言語を学べばいいのかわかったりするので、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

Webアプリとスマホアプリの違い

Webアプリは、インターネット上でアクセスが可能なアプリのことを指します。Google ChromeやInternet ExplorerなどのWebブラウザからアクセスして利用するので、端末にアプリをダウンロードやインストールする必要がありません。

対してスマホアプリは、ユーザーがアプリを各OSのストアからダウンロードし、端末にインストールして使います

では、Webアプリとスマホアプリについて詳しく触れていきましょう。

 

Webアプリとは?

Webアプリとは、「Web技術を用いて提供される一連の機能群」のことです。Webサイトとの境界は曖昧ですが、Webサイトは静的、Webアプリは動的なページを生成する、と区別できます。

ユーザーはWebブラウザを入力画面として、マウスでボタンをクリックしたり文字を入力します。サーバーは要求されたページや画像を返したり、データベースの読み書きや計算処理を行います。

静的なページとは、作成したページがそのまま表示されるページです。最初から用意されたページが表示されるだけなので、いつ、誰が見ても同じ内容が表示されます。

動的なページは、ユーザーによって表示される内容が異なるページです。例えばTwitterやFacebookなどが動的なページにあたり、ログインしている人専用のページが表示されます。

Webアプリのメリット

Webアプリのメリットは、

・開発のコストが安い

・HTML、CSS、javascriptなど従来型のプログラムで作れるためエンジニアの裾野が広い

・アプリマーケットで配布する際、検閲・審査がない

などが挙げられます。

Webアプリのデメリット

逆にデメリットは、

・スマホアプリに比べると操作が遅く感じる

・スマホにある便利な機能が使えない

・アプリマーケットで自由に配布できるものの、強力なユーザーへの導線がない

などです。

 

スマホアプリとは?

スマホアプリは、名前の通りスマホ本体にダウンロードして利用するアプリのことです。

使用している端末がiPhoneならAppStoreで、AndroidならGooglePlayでアプリをダウンロードします。

Webブラウザからアクセスする必要はなく、一度ダウンロードしてしまえばネット環境がなくても動作するという特徴があります。

スマホアプリのメリット

スマホアプリのメリットは、

・操作がスムーズで、直感的な操作ができる

・スマホ固有のカメラや位置センサー、通知機能などを利用できる

・アプリマーケットでの配布がユーザーへの強力な導線になっている。

などです。

スマホアプリのデメリット

対してデメリットは、

・Web開発と比較すると、圧倒的にコストが高い

・アプリマーケットで配布する際、検閲・審査がある

・インストールしてもらう壁がある

などが挙げられます。

 

まとめ

Webアプリとスマホアプリの違いについて説明しました。

どちらか一方が圧倒的に優れている、というわけではありませんね。一長一短です。

それぞれの特徴を理解し、状況によって使い分けることができるといいでしょう。

そしてWebアプリ開発に興味を持ったなら、ココカラエンジニアのコンテンツを存分に活用してください。

【第1回】挫折させないLaravel php 環境構築 MAMPのインストール

2018.05.28
↑こちらの記事では初心者でも実際にWebアプリを開発することができます。

他にもアプリのアイデア出しを話したポッドキャストや、初心者向けハンズオンセミナーも開催していますので興味のある方は覗いてみてくださいね。

また、ココカラエンジニアのLINE@に登録してもらえれば、プログラミング全般の質問就職の相談などにも乗りますので、ぜひお気軽にどうぞ!

LINE@

この記事をシェアする