Webアプリとスマホアプリの違い

YUMA
こんにちは。Webエンジニア兼、社長のYUMAです。

近年、スマホの急激な普及によって私たちの身近な存在になったアプリ。

ところで、「Webアプリ」と「スマホアプリ」の違いって知っていますか?

なんとなくイメージは湧くけど、具体的にどう違うかはわからない。そんな人が多いのではないでしょうか。

2つのアプリの違いについて見ていきましょう。

Webアプリとスマホアプリの違い

Webアプリは、インターネット上でアクセスが可能なアプリのことを指します。Google ChromeやInternet ExplorerなどのWebブラウザからアクセスして利用するので、端末にアプリをダウンロードやインストールする必要がありません。

対してスマホアプリは、ユーザーがアプリを各OSのストアからダウンロードし、端末にインストールして使います。

では、Webアプリとスマホアプリについて詳しく触れていきましょう。

Webアプリとは?

Webアプリとは、「Web技術を用いて提供される一連の機能群」のことです。Webサイトとの境界は曖昧ですが、Webサイトは静的、Webアプリは動的なページを生成する、と区別できます。

ユーザーはWebブラウザを入力画面として、マウスでボタンをクリックしたり文字を入力します。サーバーは要求されたページや画像を返したり、データベースの読み書きや計算処理を行います。

静的なページとは、作成したページがそのまま表示されるページです。最初から用意されたページが表示されるだけなので、いつ、誰が見ても同じ内容が表示されます。

動的なページは、ユーザーによって表示される内容が異なるページです。例えばTwitterやFacebookなどが動的なページにあたり、ログインしている人専用のページが表示されます。

メリット

Webアプリのメリットは、

・開発のコストが安い

・HTML、CSS、javascriptなど従来型のプログラムで作れるためエンジニアの裾野が広い

・アプリマーケットで配布する際、検閲・審査がない

などが挙げられます。

デメリット

逆にデメリットは、

・スマホアプリに比べると操作が遅く感じる

・スマホにある便利な機能が使えない

・アプリマーケットで自由に配布できるものの、強力なユーザーへの導線がない

などです。

スマホアプリとは?

スマホアプリは、名前の通りスマホ本体にダウンロードして利用するアプリのことです。

使用している端末がiPhoneならAppStoreで、AndroidならGooglePlayでアプリをダウンロードします。

Webブラウザからアクセスする必要はなく、一度ダウンロードしてしまえばネット環境がなくても動作するという特徴があります。

メリット

スマホアプリのメリットは、

・操作がスムーズで、直感的な操作ができる

・スマホ固有のカメラや位置センサー、通知機能などを利用できる

・アプリマーケットでの配布がユーザーへの強力な導線になっている。

などです。

デメリット

対してデメリットは、

・Web開発と比較すると、圧倒的にコストが高い

・アプリマーケットで配布する際、検閲・審査がある

・インストールしてもらう壁がある

などが挙げられます。

まとめ

Webアプリとスマホアプリの違いについて説明しました。

どちらか一方が圧倒的に優れている、というわけではありませんね。一長一短です。

それぞれの特徴を理解し、状況によって使い分けることができるといいでしょう。

この記事をシェアする