この記事は約6分で読めます。

Macで作る超かんたんなLaravelの開発環境

こちらではPHPのウェブフレームワークlaravel(ララベル) とMAMP(マンプ)を使ってwebアプリを動かすための環境構築の説明をしていきます。

Laravel(ララベル) とは

アプリケーションを作りやすくするために、記述する内容をフォルダやファイルごとに決めた「型」をフレームワークといい、Laravelは「ウェブアプリケーションを作りやすくするためのフレームワーク」と言えます。

Laravelは比較的柔軟性に富んだフレームワークで、世界で最も人気のフレームワークの一つです。

使っている人数が多いため、情報量が多く、調べやすいので、初心者にも向いていると言えます。

 

特徴としては

  • 世界中で注目を浴びていて、今話題のフレームワーク
  • 開発が盛んで、追加機能も多い
  • 世界中で人気で、コミュニティも強い
  • わかりやすく、開発しやすい

などが挙げられます。

 

MAMP(マンプ)とは

 

MAMPとは、ウェブ開発をするために利用するツールです。

SQLサーバを起動させることで、データベースと接続し、さらにアプリケーションサーバを起動させ、ウェブアプリを動かします。

これにより、ローカル環境(自分のパソコン上)のブラウザでウェブアプリケーションを動かすことができるようになります。

 

MAMPを利用することで、ウェブアプリケーションをブラウザ上で簡単に動かせるようになるので、開発をより楽にすることができます。

MAMPのインストール

 

ここでMAMPのインストール方法を説明します。

 

ダウンロード

 

2018年10月28日追記:現在MAMPのバージョン5になっており、非常に使いにくくなってしまったので、こちらのリンクからVer4.5をインストールしてお使いください。

 

MAMPバージョン4.5

 

 

↓の画像のように4.5をダウンロードします。

 

インストール

次にインストールをしましょう。

ダウンロードしたものクリックしてインストーラを起動させます。

すると、以下の画面が出てきます。

 

 

「続ける」のボタンを押していくと、「インストール」のボタンが出てくるので、それをクリックします。

無事インストールできたら、「インストール完了」の画面が出てきます。

 

MAMPの動作確認

 

では、実際にMAMPを起動させてみましょう。

インストールしたMAMPは、Macの場合、Applicationsのフォルダの中、もしくは、ツールバーにあるロケットのマークのLaunchpadをクリックすると見つけることができます。
起動すると、以下のようなウィンドウが開きます。
右側のスタートボタンを押せばMAMPが起動します。 

localhostに接続

 

最後に実際にブラウザで確認してみましょう。

ブラウザのURLを打ち込むところにlocalhost:8888と打ち込んでみてください。MAMPはデフォルトでアプリケーションサーバのポート番号が8888になっています。
以上のような画面になれば、無事接続できました。 

Laravelのインストール

LaravelはPHPのフレームワークなので、PHPをインストールしてあることが必要になります。

今回はLaravelのバージョン5.5を使用するので、PHPのバージョンは7.0以上でなければなりません。

 

まず、PHPのバージョンを確認するためにMacの場合はターミナル、Windowsの場合はコマンドプロンプトを起動しましょう。

ターミナルは、ツールバーにあるロケットの絵のLaunchpadをクリックします。

このような画面が出てくるので、その中にあるOtherをクリックします。

 

Otherの中にターミナルがあるので、それをクリックして起動させましょう。

 

ターミナルが起動されたら、PHPのバージョンを確認するコマンドを打ち込みます。

 

PHP 7.1.14 (cli)のような文字が出てくるので、数字が7.0以上であればOKです。

 

もし、PHPが7.0以下であったとき、PHPをアップデートする必要があります。

まず、Macの場合、PHPをインストールするために、Homebrewというパッケージマネージャーをインストールします。

*パッケージマネージャーとはPCにインストールされるソフトウェアを管理するツールになります

Homebrew公式

以下のコマンドをターミナルで打って、Homebrewをインストールしましょう。

 

インストールできたら次にPHPをインストールします。バージョン7.2をインストールしてみましょう。

 

次にLaravelをインストールするためにComposerというPHPのパッケージマネージャーをインストールします。

 

Homebrewのバージョンによっては以下のエラーが出てしまいます。

Error: homebrew/php was deprecated. This tap is now empty as all its formulae were migrated.

もし上記のエラーが出てしまった方は以下のコマンドでcomposerをインストールしてみましょう。

 

PATHを通して、composer のコマンドを使えるようにします。

 

 

LaravelをMAMPで起動

LaravelをMAMPで動かすために、/Applications/MAMP/htdocsのディレクトリ内にLaravelプロジェクトを作る必要があります

以下のコマンドを打って、Laravelのプロジェクトを作りましょう。今回はプロジェクト名をsamle-appにします。

 

 

最後に実際にブラウザでみてみましょう。

MAMPを起動して、左側のPreferencesをクリックしましょう。

 

そのあと、Web Serverをクリックします。

 

Document Rootと書いてあるディレクトリマーク、または、矢印をクリックします。

デフォルトではApplications/MAMP/htdocsとなっていますが、Applications/MAMP/htdocs/sample-app/publicに変更しましょう。

(ディレクトリマークをクリックした時は、Selectボタンがありますが、矢印をクリックした時はディレクトリの名前が書いてあるところまでドラッグします。)

このようになっていればOKです。

 

URLをlocalhost:8888/にすると、以下の画面に遷移します。

 

これでMAMPを使ってLaravelを動かすことができました。

LINE@

この記事をシェアする