CSSとは?プログラミング完全初心者に贈る解説

YUMA
こんにちは。初心者にプログラミングを教えるのが得意なYUMAです。

プログラミングやWebについて調べると、CSSという言葉をよく耳にしませんか?

HTML・CSSというように、HTMLとセットで出てくることが多いこの言葉。CSSとは一体どのようなものなのかを解説したいと思います。

CSSとは?

CSSとはCascading Style Sheetsの略で、Webページの見た目を整え、装飾するための言語です。HTMLと組み合わせて使用します。

HTMLがWebページの骨組み・骨格部分に当たるのに対して、CSSはWebページを肉付け、装飾の指示をするイメージです。

Webページがブラウザ上に表示される際の文字色や背景色、文字の大きさや種類、レイアウトなどを指定することができます。

CSSの実用例を紹介

CSSを適用しないと、Webページはとてもシンプルなページになってしまいます。

一方CSSを使えば読みやすかったり、おしゃれだったりと、とても魅力的なページを作ることが可能です。

上2つのサイトは、どちらも同じサイトです。上はCSS無し、下はCSSを適用したものです。

CSSは初心者でもわかりやすく楽しい

CSSの書き方はとてもシンプルで理解しやすいです。HTMLのタグで囲んだ範囲の、文字を大きくする・背景を青くするなど、「なにをどのようにするのか」を記述してやればいいのです。

わかりやすい

例えば、HTMLの
h1タグで囲まれた文字を赤くしたい、という場合は

 

と記述すれば、
h1タグで囲まれた文字がすべて赤色になります。一見するとCSSのページはズラーッと英語が並んでいて難しそうに思えますが、そんなことはありません。

このようなシンプルな記述が、ズラーッと並んでいるだけです。

すぐ反映されるから楽しい

わかりやすいだけではなく、記述したものがすぐに反映され、確認できるので学習も楽しいです。

パソコンに搭載されているメモ帳を開き、まずは簡単にHTMLを記述して保存します。保存したメモ帳をブラウザで開いてみると、とてもシンプルなページが表示されます。

次にCSSファイルを作成し、HTMLを装飾するコードを記述。ページを更新すれば、CSSが反映されたページをすぐに確認することができます。

Webサービスでは必須

WebサービスにおいてCSSでの装飾は必須といえます。優れたデザインのサービスは、ユーザーがサービスをまず使ってみようと思わせる力をもっているからです。

多少サービスに不具合があっても、その後の改善に期待してユーザーを繋ぎとめる要素になります。見た目に魅力がないと、入口自体を塞いでしまうので、大きな機会損失になってしまいます。

番外編:SASSとSCSS

SASSは、CSSの拡張版のようなものです。長くなりがちなCSSの記述を減らすことができるので保守性も高まり、コードの見通しも良くバグを減らしたり、早期発見しやすかったりします。

SCSSはSASSの機能をCSSと似た書き方で再実装したものです。

変数や文字列展開のような機能を使うことができ、Ruby on Railsなどのフレームワークで採用されることが多いです。

まとめ

CSSについて解説してきました。プログラミング言語を習得するよりははるかに簡単かと思います。HTMLとともにCSSはWeb制作をするにあたって必須のスキルといえるので、ぜひ、楽しみながら学習してみてください。

この記事をシェアする