PHPとはどんなプログラミング言語か?プログラミング完全初心者に贈る解説

YUMA
こんにちは。PHPからプログラミングをはじめたYUMAです。

ココカラエンジニアでよく登場するPHPという言語。Webページの見た目を整え、装飾するための言語

教えてカエル
これってそもそも具体的に何なの?

という疑問が湧いてもおかしくないので、これからプログラミングを始めようとする方に向けて解説していきたいと思います。

PHPとは?

PHPとは「Personal Home Page」の略で、HTMLに埋め込んで使うプログラミング言語です。Webアプリ開発でよく使用されています。

PHPを使うと、

・HTMLソースコードを生成する


・データベースと連携する


・ユーザーが送信した情報を受け取る

など、動的なWebページを作ることができます。

比較的手軽に扱えることから、多くのWebアプリの開発に使用されています。

PHPで作られたサービス

ぐるなび

飲食店の検索サービスとして有名な「ぐるなび」はPHPで作られています。ユーザーに見せるページだけでなく、管理系まですべてPHPでできています。

Wikipedia

フリー百科事典のWikipediaはPHPで作られています。

ニコニコ動画

ご存知動画サイト、ニコニコ動画はサイト自体はPHPで作られていて、一部動画をC++という言語で高速化しています。

PHPの特徴

PHPWebアプリ開発に特化し、構文もシンプルということでプログラミング未経験でもとっつきやすい言語といえます。基本的にHTMLにソースを組み込んで記述をするので、一部をデザイナーが担当、PHPを記述する箇所をエンジニアが担当するなど分業しやすいです。

同じように、Webアプリ開発に人気の言語に「Ruby」や「Python」があります。

RubyはPHPに比べると若干敷居が高い印象ですが、プログラミングのしやすさに変わりはありません。RubyもWebアプリに特化した言語で、汎用性が高く記述量が少なくて済むので構文はシンプルです。

RubyでのWeb開発は強力なフレームワークであるRuby on Railsを使用することが主流で、デザインからHTML・CSS、プログラミングまで一貫して開発するスタイルが多いです。

Pythonは、今話題の人工知能(AI)やデータ解析など広い分野で使われています。pythonも構文はシンプルで最低限のものしか用意されていないので、読みやすく書きやすい言語です。

ひとつの命令を書くのに何通りもの書き方がある、なんてことがないので他人の書いたコードでも比較的読みやすいものになります。

PHPは最初の言語におすすめ

PHPは、ほとんどのレンタルサーバーが動作をサポートしているため、簡単にプログラムを動かすことができます。

サーバー構築のスキルが無い人でもとっつきやすく、また、よく使われているので情報がたくさん手に入ります。

こういった理由から、学習コストも低く、比較的習得が簡単な言語といえるでしょう。なので、「初心者だけどとにかくWebアプリを作ってみたい」という人が手を出すのにおすすめです。

まとめ

PHPというプログラミング言語について知っていただけたでしょうか。

日本語での情報量が多いので独学でも学習しやすく、実際に動かすまでのハードルも低いです。

プログラミングを習得したいけど、どの言語をやったらいいのかわからない、という人はPHPに触れてみるがいいのではないでしょうか。

ぜひ、PHPでプログラミングの楽しさを知ってください。

この記事をシェアする