Rubyとは?Ruby on Railsとの違いも解説

HTMLやJavaといった言語の知名度には劣りますが、根強い人気を誇り、スタートアップに人気の言語が、Ruby(ルビー)です。

教えてカエル
ルビーって、あの赤い宝石?
YUMA
まぁ名前はそこから来ているんだけど、ここで話すのはプログラミング言語のRubyだよ。

Rubyとは?

押さえるべきポイントは以下の2つです。

日本人が開発した人気言語

Rubyは、まつもとゆきひろ氏が開発した言語です。

日本での人気はもちろんのこと、海外で行われる調査でも10位以内に食い込み、たくさんある言語の中で確かな存在感を見せています。

ポイント:彼が好みの言語の良いところを集めて作ったというRubyには、世界中にコアなファンが多いんです。

主にWebサービスを開発するための言語

後で紹介するRuby on Railsを使って、Webサービスを比較的簡単に開発できることが良く知られています。

Rubyで作られている有名なサービスは、

  • クックパッド
  • GitHub
  • 食べログ

など。

PHPとRubyの違い

Rubyと共によく名前が挙がる言語といえば、PHP
どちらもWeb開発に向く言語で、できることは同じです。

違いを見るために、メリットとデメリットを比べてみましょう。

PHPのメリット・デメリット

メリット:記述の自由度が高く、プログラミング未経験者に優しい

デメリット:なんとなく書いても動いてしまうので、チームで開発する時にバグが多くなりがち

Rubyのメリット・デメリット

メリット:オブジェクト指向型言語なので不必要に人のコードを触ってバグが起きる…といったことを防ぐメリットがあり、チーム開発に向いている
Ruby on Railsのおかげで開発が早い

オブジェクト指向型言語のメリットは、一まとまりのコードが「何をするか」と「どうやって動くか」を分けて扱える所。
チームで開発する時、「どうやって」の部分を隠すことで「何を」の部分に集中して考えることができます。

デメリット:Web開発ならRailsを使うことが前提になるため、MCVの概念など、ある程度しっかりしたプログラミングの知識が必要

MCVとは:「モデル・コントローラ・ビュー」の頭文字。プログラム中のデータ処理・情報の受け渡し・デザインを分けることで管理しやすくします。
YUMA
ココカラエンジニアのレッスンでは、初心者にもとっつきやすいPHPを採用しています

Ruby on Rails

Rubyの話とセットでよく出てくるのが、Ruby on Railsというフレームワークです。

ポイント:フレームワークとは、骨組みのこと。
これを使えば、あらかじめ必要な機能が準備されている状態から開発を始められます

Rubyのフレームワークは他にも色々ありますが、Ruby on Railsの使いやすさには定評があり、一強状態。

WebサイトやWebサービスを効率よく開発できるため、特にベンチャー企業でのRuby人気に一役買っています。

まとめ

日本人が開発し、Ruby on Railsによって人気を得たRuby。
初心者の方には少しハードルが高いかもしれませんが、日本人なら一度は触れてみたいですよね。

プログラミング言語を選ぶときは、好きな言語を選ぶことも重要です。
色々な言語に触れて、どれが自分に合っているか探してみてくださいね。

YUMA
プログラミングに苦手意識を持ってしまわないためにも、初心者に優しいPHPから始めるのをオススメしています!

この記事をシェアする