プロジェクトマネージャーのお仕事。利益はPM次第な重要なポジション。

IT業界には、プログラマーやSE以外にも色々な仕事があります。今回は、プロジェクトマネージャーという仕事について紹介していきます。

業界ではプロジェクトマネージャーの事をPMと呼ぶ事が多いです。
そのため、以降の解説ではプロジェクトマネージャー = PMと解説していきますね。

PMの仕事内容

PMの仕事は、システム開発のプロジェクトチームをまとめ、スケジュールを立て、予算を決め、他部門との連携をとったりと、とても幅広く重要です。

基本的にシステム開発は複数のエンジニアチームで行われますが、PMはこのチームの責任者という立場です。

PMの仕事内容を細かく見ていきましょう。

システム設計・開発計画立案

クライアントと打ち合わせをして、開発の目的や予算、納期の確認・調整を行います。

打ち合わせが終わったら、開発計画を立てます。

システムの仕様を決める、ソフトを設計して動作テスト・デバッグ、ハードウェア工事といった工程ごとの開発期間を決めます。

人員編成・スケジュール管理

開発計画を立てたら、必要な工数を導き出し、人員編成を行います。

それぞれの工程で、どのような技術を持ったエンジニアを何人配置するか、という風に細かく設定していきます。

シミュレーションを繰り返しながら開発作業の計画を練り上げ、スケジュールを最終決定します。

開発がスタートした後は、プロジェクトの進捗確認を行っていき、各部署と連絡を取り合い、問題発生時には解決策を考えます。

仕様変更が生じた場合にも、クライアントや開発陣と交渉するなど柔軟な対応をします。

レビュー・評価

開発が終わったら、プロジェクトのレビューを行い、どんな問題が起きてどのように対処したかなど、評価をまとめます。

PMの報酬

気になる報酬ですが、PMは年収450万〜1200万と、比較的高い基準にあります。

幅はありますが、豊富な経験や知識が求められる職業なので1000万円以上になることも珍しくはありません

PMになるには

PMになるには、まずはプログラマーとしてIT業界に入り、実際にコードを書いてプログラミングの技術を磨き、SEになってプロジェクトリーダーへ、その後PMへとキャリアアップするという道が一般的です。

開発経験はもちろん、高いIT技術に加え交渉力、マネジメント力など、求められるスキルが非常に多いため、未経験からPMになるのは厳しいと言えます。

まとめ

PMがどんな仕事なのか、わかっていただけたでしょうか。

たくさんの能力が必要になってきますが、やりがいもあって報酬も高いです。

その分、PMになる道は険しいです。

まずはプログラミングに触れて、プログラマーとしてIT業界に入ってみるのが一番の近道になるので、まずはプログラミングを始めるところからスタートしましょう!

この記事をシェアする