この記事は約5分で読めます。

SQLって何?基礎知識を学んでみよう!!

SQLって何?基礎知識を学んでみよう!!

教えてカエル
SQLってよく聞く言葉だけど、何のことなの?
編集長
SQLというのは、データベースをあれこれ操作するための言語だよ。
教えてカエル
へー、そうなんだ。興味あるなー。あれこれって例えばどんなことができるの?
編集長
よし、じゃあSQLの基礎を教えてあげよう!!

SQLはデータベースを操作するための言語のひとつです。

データベースにデータを入れたり、たくさんのデータをデータベースから取り出すには命令を与えなければなりません。

そこで、SQLを使ってそのような命令を与えるんですね。SQLはWebに関する仕事をするなら必ず持っておきたい知識です。

SQLって一体何?

データを入れたり取得したりなど、データベースとの対話に用いる言語をデータベース言語と呼び、SQLはそのデータベース言語のひとつです。

国際標準化機構で規格が標準化されていて、SQLを学習すればほかのデータベース言語もほぼ同じように操作できるようになります

Webアプリでもネイティブアプリでもデータベースの操作はしなければならないので、どちらのアプリを制作する場合でもSQLの知識は必須です。

ということで、SQLの基本の命令を学んでみましょう!!

当記事では usersテーブルを使っていきます

データベースのイメージ

まずはデータベースについて説明しましょう。

データベースは、エクセルのようなものです。

データベースの内部には複数のテーブルと呼ばれる表があり、エクセルのファイルにあたるものがデータベースで、その中の複数のシートがデータベースというイメージですね。

ひとつひとつのテーブルはエクセルのシートと同じように縦横の表となっているんですね。縦をカラムと呼び、横をレコードと呼びます。

SELECTとは

SELECTは、データベースのテーブルからデータを取得するための命令で、最もよく使われる命令です。データを取得するほかに、データの並べかえや計算・集計もおこないます。

使い方としては、例えばユーザー情報の入ったテーブルから住所(Address)が東京のユーザーを取得したいとします。その場合は、

SELECT * FROM Users WHERE Address = “東京”

のように記述すれば、住所が東京のユーザーのレコードのみを取得することができます。

INSERTとは

INSERTはテーブルにレコードを追加するときに使用します。

使い方は、

INSERT INTO テーブル名 (カラム名, カラム名,…) VALUES(データ, データ,…)

という風に使います。例えばユーザー情報が入ったusersというテーブルに新たなユーザーを登録したい場合、

INSERT INTO users (name, age) VALUES (“中山”, 20)

と記述すれば、usersテーブルに新たなレコードを作りnameというカラムに中山という文字が、ageというカラムに20という数字が挿入されます。

DELETEとは

DELETEはテーブルのレコードを削除する命令です。テーブルにすでに存在するレコードを削除します。

DELETE FROM users WHERE name=”田中”

と記述すればusersテーブルに存在する、nameに田中が入っているユーザーのレコードがすべて削除されます。

UPDATEとは

UPDATEはテーブルのデータを更新する命令です。すでに存在するデータを編集し、新たなデータを上書きします。

UPDATE users SET address=”埼玉” WHERE id=3

という命令で、usersテーブルのidが1になっているレコードのaddressというカラムの中を埼玉という文字に書き換えます。

まとめ

SQLの基礎について理解できましたか?

  • データベースとはエクセルのようなもの
  • SQLはデータベースを操作するための言語
  • SELECTはデータの取得
  • INSERTはデータの追加
  • DELETEはデータの削除
  • UPDATEはデータの更新

紹介したSQLの命令は、文字通りの操作になりますね。SQLの知識はWeb開発でもアプリ開発でも必要になってくるので、覚えておきましょう。

勉強コンテンツやLINE@であなたをサポート

ココカラエンジニアでは初心者向けの勉強のコンテンツを用意していますので、ぜひご活用ください。
また、LINE@では就職・転職に関しての質問を受け付けています。また、解決できないエラーなどプログラミングについての相談にも乗りますので、ぜひお気軽にご登録ください。

この記事をシェアする