この記事は約4分で読めます。

意外と知らない?コーディングとプログラミングの違いとは

意外と知らない?コーディングとプログラミングの違いとは

教えてカエル
コーディングとプログラミングの違いって一体なに? どっちも同じじゃないの?
編集長
いやいや、同じに見えるけど違うんだよ。
教えてカエル
ふーん。どんな風に違うの?
編集長
コーディングは見た目、プログラミングは目に見えない処理という感じだね。詳しく見ていこうか。

コーディングとプログラミング。どちらもコードを書いていて一見同じに見えますが、実は違いがあります。

簡単に言うとコーディングは静的なWebページを作るもので、プログラミングは動的なロジックでコンピューターに命令を与えるものです。

コーディングはデザインを形にし、プログラミングはコンピューターに命令を与える

コーディングとプログラミングの違いを詳しく見てみましょう。

コーディング

コーディングは静的なページを羅列し、デザインを形にするものです。HTMLでWebページを作り、それをCSSで装飾します。

各種HTMLタグを使ってテキストやフォームを作ってWebページの見た目を作成したり、CSSで背景色やフォント、配置などをデザインして見栄えをよくするのは全部コーディングの作業にあたります。

プログラミング

対してプログラミングは、HTML/CSSで制作したWebページに動的なロジックを使って命令を与えます。

例えばHTMLで申し込みフォームを作ると入力まではできますが、その裏側にプログラミングをしないと実際にデータをデータベースに送信することはできません

「フォームに入力された情報を受け取ってデータベースに入れるにはどうしたらいいだろう」と考え、その方法をプログラムのコードを書いて実現させるのがプログラミングです。

コーディングの仕事はすでに奪われつつある

HTML/CSSはプログラミングを学ぶ上で最低限理解しておかなければなりませんが、それしかできませんという人はあまり重宝されないでしょう。

WordPressやWixといった、簡単にWebサイトが作れるツールがたくさん出てきて、コーディングのみの仕事というのは価値が低くなってきているからです。

これらのツールは直感的な操作でクオリティの高いWebサイトを構築することができます。なので、これから先を生き残りたいなら、ぜひプログラミングに挑戦してみることをおすすめします!

将来が不安ならプログラミングを学ぼう

IT業界は今盛り上がっていて、どこもかしこも人材不足でプログラマーを求めています

プログラミングができれば食いっぱぐれることもありません。

プログラミングの仕事はこの先もなくなりませんし、学ぶことで身につく論理的思考も役に立ちます。

手に職をつけるならプログラミング。就職も独立も可能なスキル。

2018.03.03

将来のために何かスキルを身に付けたい、というのならプログラミングを学んでみましょう。

ココカラエンジニアでは就職保証付のレッスンも開催しています。興味のある方は、ぜひ!

まとめ

コーディングとプログラミングの違い、理解してもらえましたか?

  • 見た目を作るのがコーディング、裏で動作する命令を作って与えるのがプログラミング
  • WordPressなどの出現によりコーディングだけの仕事は奪われつつある
  • プログラミングの将来は明るい

変化の激しい世の中で、コーディングの仕事はすでに減りつつあります。これからのことを考えるなら、プログラマーを目指してみませんか?

勉強コンテンツやLINE@であなたをサポート

ココカラエンジニアでは初心者向けの勉強コンテンツを用意していますので、ぜひご活用ください。

また、LINE@では就職・転職に関しての質問を受け付けています。

また、解決できないエラーなどプログラミングについての相談にも乗りますので、ぜひお気軽にご登録ください。

この記事をシェアする