この記事は約4分で読めます。

フリーターから高収入になりたければエンジニアを目指すのが近道

フリーターから高収入になりたければエンジニアを目指すのが近道

困った男
とくにやりたい仕事がなくてフリーターを続けていたんだけど、ここから就職して高収入を得るなんて不可能かなぁ…。
編集長
そんなことないよ。プログラミングを学んでエンジニアになるなんてどうかな?
困った男
エンジニア?でも、未経験だし、学ぶにしてもなんだか難しそうだし…。
編集長
いやいや、学んでみると意外と身についてしまうものだし、未経験から就職するのも可能なんだよ。
困った男
本当ですか?詳しく知りたいです。
編集長
わかった。じゃあ高収入のエンジニアになるにはどうするのが近道か解説していくよ。

 

フリーターから一転して高収入になりたければ、エンジニアを目指すのがオススメです。

まずはプログラマーとして就職し、経験を積んでからフリーランスになるのが高収入への一番の近道です。

現代のIT企業は慢性的な人手不足なので、フリーターでもスキルさえあれば、未経験であっても十分に採用される可能性があります。

フリーランスエンジニアの収入は高い

フリーランスエンジニアの収入は高いことで有名です。

また、会社員時代よりも独立してからのほうが収入が上がったというエンジニアがほとんどです。

なので本気で高収入を得たいなら、最終的にフリーランスエンジニアを目指すのがいいでしょう。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

収入1.5倍!?フリーランスエンジニアの実態とは

2018.01.18

年功序列の会社で逆転は難しい

年功序列の会社に入ってしまうと、高収入を得るのは難しくなってしまいます。

年功序列というのは個人の能力や実績を評価して賃金に反映させるのではなく、勤続年数や年齢を重視して役職や賃金を上昇する制度だからです。

安定して仕事がもらえて、大きな問題をおこさなければ解雇される心配もありませんが、逆転するのは難しく高収入を得るまでに時間がかかってしまうでしょう。

フリーランスエンジニアはスキル=収入

会社員と違って、フリーランスエンジニアは完全に実力の世界です。

学歴や年功序列なんて関係なく、高度なスキルを持っていれば収入を上げることができます。

努力してスキルアップした分が、そのまま収入に直結します。

プログラミングは自分の力でスキルアップ可能

エンジニアになりたいとただ強く願っているだけでは、それは叶いません。

まずはプログラミングスキルを身につけましょう。

メーカーなどの仕事は、そもそも勉強するための材料がないので、入社前に独学するという選択肢はありません。

その点プログラミングは、そこらじゅうに情報があふれています

ネットや本、プログラミング学習サイトなど、学ぼうと思えば十分に独学が可能です。

フリーターとして働きながらでも、終業後や隙間時間でコツコツと学んでスキルアップできます。

簿記等の資格と比べて即戦力になれる

高収入を得たい人は簿記などの資格を取るくらいなら、その時間でプログラミングを学んでスキルを磨いたほうがいいです。

資格と違って、プログラミングスキルは身につけると即戦力の人材になれるからです。

また、資格は取得したらそれで終わりですがプログラミングには終わりがありません。

どんどんスキルを磨くことができて、磨けば磨くほど収入が上がります

まとめ

  • フリーランスエンジニアは高収入
  • まずはスキルを身につけて就職し経験を積むのが近道
  • スキルがそのまま収入に直結する
  • 情報はたくさんあり、独学でも十分にスキルアップできる
  • 人手不足も手伝って、スキルさえあれば就職は難しくない

フリーターでIT業界の仕事が未経験の人でも、スキルさえあればプログラマーとして就職し、高い収入を得ることができることを知っていただけましたか?

経験を積んでフリーランスのエンジニアになれば、さらに高い収入が…。

高収入を得るために、まずはプログラミングを学んでみませんか?

LINE@に登録すると、現場のお話やプログラミングのコツ、Web業界の話題などを聞くことができます。

興味のある方は、お気軽にLINE@に登録してみてくださいね

この記事をシェアする