この記事は約4分で読めます。

プログラマーを目指すならLinuxを使っておこう。古いパソコンでも学べます

プログラマーを目指すならLinuxを使っておこう。古いパソコンでも学べます

教えてカエル
Linuxを扱えると就職に有利って本当?
編集長
うん、本当だよ。プログラマーを目指すならLinuxに慣れておくといいよ。

プログラマーを目指すならプログラミング言語を勉強してプログラミングスキルを磨くのが近道です。

それに加えてLinuxも扱えると企業からの評価がかなりあがります

古いパソコンでも快適に動くOSなので、ぜひLinuxを扱えるようになっておきましょう。

Linuxって何?

Linuxってよく聞くけど、具体的になんなの? という人も多いのではないでしょうか。

LinuxはOSの一種

LinuxとはWindowsやMacと同じOS(オペレーションシステム)と呼ばれるもので、OSとはコンピューターのすべてのハードウェアを管理するソフトウェアです。

Linuxは主にサーバー用として広く利用されていて、大規模な基幹システムの開発やネットワーク機器、データベースに関わるITサービスに従事する人におすすめされているOSなんですね。

オープンソースで高い性能をもったOS

LinuxはオープンソースのソフトウェアなのでWindowsやMacのようにひとつの企業が主導で開発しているわけではなく、世界中の開発者たちの手によって開発・修正されてきました。

高い性能をもっているのは、オープンソースにより多くの優秀な開発者たちの手が加わってきたから、というのも大きな要因の一つです。

最新のパソコンじゃなくても大丈夫

Linuxは基本的に無料で使用することができ、他のOSと比べて低い性能のパソコンでも快適に動作してくれます。

例えばWindowsのサポートが終了してWindows用としては使用できなくなってしまったスペックの低いパソコンでも、Linuxをインストールすると問題なく動作することがほとんどです。

なので環境を構築するために高額なライセンス費用を払うことも最新のパソコンを用意する必要もなく、お金がかかりません

Linuxが扱えると就職に有利

多くの企業でLinuxが採用されていて、扱えると就職するときに非常に有利になります。

Linuxに関する技能は今や常識になりつつあるものの、まだまだ稀少性があります。

Linuxの知識があるということが「学習意欲がある」と見られる可能性もあります。

また、コマンド操作に慣れていると、プログラマーとしての仕事だけでなくサーバーの業務にも適用しやすいので仕事の幅も広がります。

Linuxを学ぶということはメリットだらけなんですね。

プログラマーを目指すならLinuxを学ぼう

プログラマーを目指すなら、プログラミング言語の学習とともにLinuxも学ぶと就職できる可能性がグンと高まります。

ココカラエンジニアのレッスンではLinuxを自分のパソコンにインストールして学習します。

言語の学習をすると同時にLinuxも学ぶことになるので、企業の求める人材にきっとなれることでしょう。

ちょうど今はIT業界が盛り上がりを見せているのに人材が不足しているという、チャンスの時代です。

このチャンスを逃さず、短期間で一気に勉強してプログラマーになってしまいましょう。

まとめ

プログラマーを目指すならLinuxを学んでおいたほうが良いということがわかってもらえましたか?

  • LinuxとはOSの一種
  • 古いパソコンでも快適に動作するので環境構築にお金がかからない
  • Linuxを扱えると就職時に評価がかなり高くなる
  • ココカラエンジニアのレッスンではLinuxを自分のパソコンにインストールしてもらえる

ココカラエンジニアのレッスンでLinuxを扱うので、プログラマーを目指している方はぜひ。

勉強コンテンツやLINE@であなたをサポート

ココカラエンジニアでは初心者向けの勉強のコンテンツを用意していますので、ぜひご活用ください。
また、LINE@では就職・転職に関しての質問を受け付けています。また、解決できないエラーなどプログラミングについての相談にも乗りますので、ぜひお気軽にご登録ください。

LINE@

この記事をシェアする