この記事は約3分で読めます。

うまく話せなくても大丈夫。面接で話よりも大事なことって?

うまく話せなくても大丈夫。面接で話よりも大事なことって?

困った男
ぼく、どうも話すのが苦手なんだよなぁ…。就職の面接どうしよう…。
編集長
大丈夫。エンジニアの面接は話が上手じゃなくても問題ないよ。

就職するにあたり、面接は避けては通れませんよね。

話が上手ではない、という人も多いのではないでしょうか。

でも大丈夫です。自分の技術レベルなどがきちんと相手に伝われば、話がうまくなくても特に問題はありません

うまく話すことよりもうまく伝えることを意識しよう

話が上手でないと自覚しているのに、無理に上手に話そうとしてもうまくいきません。

上手に話すことよりも、上手に伝えるということを意識しましょう。

自分はどういう人間で、こんな経歴があって今はこれくらいのスキルがあります、といったことが面接官に伝わればいいんです。

もちろん嘘をついてはいけません。嘘はすぐに相手に伝わり、ばれてしまいます

輝かしい学歴や経歴がなくとも、正直にありのままの自分のことを伝えるようにしましょう。

面接の練習よりもスキルアップに努めよう

面接のテクニック」のようなものはたくさんあると思いますが、小手先のテクニックなど身につけても意味がありません

最低限のマナーだけ身についていれば大丈夫です。

面接のテクニックに時間を割くよりも、その分スキルアップに時間を使ってスキルを磨いた方が良いということですね

IT業界は実力主義の世界なので、スキルが高ければ高いほど評価も高くなります。

これは面接でも同様なので、面接対策よりもプログラミングの勉強などに励みましょう。そしてそのスキルを面接官にアピールすると良いです。

アピールするには、簡単なサービスやアプリでいいので自分でオリジナルの作品をポートフォリオとして制作すると技術レベルも伝えることができて効率的です。

面接が苦手でも就職できた人はいくらでもいる

話が上手でない人でも、面接で高評価を得て就職を勝ち取った人はたくさんいます

なのであまり面接の心配はせずに、やるべきことに集中しましょう。やるべきこととは、スキルを磨くことですね。

プログラミングを学び、オリジナルサービスを制作してみましょう。

ココカラエンジニアでは就職保障付きのレッスンを開催しています。

レッスンを受講すると、プログラミング初心者から始めて3ヶ月〜6ヶ月ほどで簡単なアプリ開発ができるようになります。

また、内定まで徹底的なサポートをさせていただきますので、エンジニアを目指す方はぜひともご利用ください!

まとめ

面接では話のうまさはあまり重要ではないということがわかってもらえましたか?

  • 話がうまくなくても伝えたいことが相手に伝われば問題ない
  • 面接対策に時間を割くよりもスキルアップに時間を使おう
  • オリジナルサービスを制作してアピールするのが一番効率が良い
  • ココカラエンジニアのレッスンでオリジナルアプリを開発するレベルまで成長できる

ココカラエンジニアを活用してスキルを身につけ、面接の攻略に役立ててください。

勉強コンテンツやLINE@であなたをサポート

ココカラエンジニアでは初心者向けの勉強のコンテンツを用意していますので、ぜひご活用ください。
また、LINE@では就職・転職に関しての質問を受け付けています。また、解決できないエラーなどプログラミングについての相談にも乗りますので、ぜひお気軽にご登録ください。

LINE@

この記事をシェアする