この記事は約4分で読めます。

1度フリーターになると就職できない?そんな不安をなくすには。

1度フリーターになると就職できない?そんな不安をなくすには。

不安な青年
正社員として就職したいけど、今さら無理かな…。
編集長
どうしたんだい?チャレンジしてみればいいのでは?
不安な青年
チャレンジしたいんですけど、ずっとフリーターだったので不安で行動できないんです。
編集長
だったら、不安をなくすためにスキルを身につけるのがいいんじゃないかな。プログラマーだったらスキルさえあればなれるよ。
不安な青年
本当ですか? 詳しくお話を聞きたいです。

世間では、新卒じゃないと就職なんてできっこない、フリーターになったらもう就職なんてできない。

そんなことがよく言われているので不安になるでしょう。

しかし、プログラマーなどの専門的な職であれば今までの経歴に関係なく就職することができます

プログラマーなら未経験でも少しのスキルがあれば就職できる

プログラマーの業界というのは、学歴や今までの経歴はあまり重視せず、スキルさえあれば就くことができます

フリーターの間に独学でプログラミングを勉強し、プログラマーとして就職できたという人も珍しくありません。

ココカラエンジニアの生徒さんも、未経験からWebアプリを制作できるまでの実力をつけて、見事就職することができました。

29歳フリーターからエンジニアへ 〜彼が就職成功した理由とは〜

2018.02.11

不安をなくすには行動するしかない

いくら成功例をお話したところで、他の人にはできても自分にはできないのでは…などと不安は消えないでしょう。

そういった不安を消すには、とにかく自分が行動することです。

プログラマーになると決めたら、やるべきことに集中しましょう。

プログラミングスキルを身につける、プログラマーの種類について調べてみるなど、やることはたくさんあります。

そうして忙しくしているうちに不安を忘れ、さらにスキルが身につくに連れて自信に変わっていくはずです。

やる気があれば誰でもプログラマーになれる

プログラミングは一見難しそうですが、実は粘り強く継続して学び続ければ誰でもできるようになります

それに、新卒じゃないと就職できないというのはもう過去のことになりつつあります。

時代は変わって、ちゃんと実力を評価してくれる企業は増えています。

さらにIT業界は慢性的な人手不足なので、さらに就職できる確率は高まっています。

なので、やる気さえあれば誰でもプログラマーになれると言っても過言ではありません。

まずはプログラミングに触れてみよう

プログラミングのスキルを身につけるには、プログラミングに触れてみるのが一番です。

はじめは訳がわからなくても、自分でコードを書いているうちにだんだんと理解できて、楽しくなってくることでしょう。

コードを書く前に本を読んでから…などと知識から入ろうとするとつまらなくなって辞めてしまう可能性が高いです。

まずは無料学習サイトを利用して実際に手を動かしてみましょう。

ココカラエンジニアにも勉強コンテンツを用意していますので、うまく活用してみてください。

まとめ

ということで、1度フリーターになったからといって、その後就職がほぼ不可能になるなんてことはまずありません。

特にプログラマーのような実力主義の業界は経歴などまるで気にしません。

まとめると、

  • プログラマーという職なら経歴は関係なく就職できる
  • ただしある程度のプログラミングスキルは必要
  • 不安をなくすには行動し続けること
  • 粘り強く続ければ必ずプログラミングスキルは身につく

このようになります。

プログラミングスキルは、専門学校などに行かずともやる気さえあれば独学で就職に必要なレベルまで身につけることができます。

ネットや本に、必要な情報はいくらでも載っています。

しかし独学だとどうしても行き詰まってしまうことがあるかと思います。

ココカラエンジニアではそんな方のためのレッスンを開いていますので、ぜひ覗いてみてください。

→ココカラエンジニアのレッスン

また、LINE@に登録してもらえば些細なことでも相談することが可能です。

就職関連の質問も受け付けていますので、ぜひお気軽にご登録ください。

この記事をシェアする