この記事は約3分で読めます。

フリーターのみなさん、営業職に就職して大丈夫?他の選択肢を紹介

フリーターのみなさん、営業職に就職して大丈夫?他の選択肢を紹介

このままだと一生フリーターなのかな!?
いつもでフリーターやってるつもりだ!
フリーターを続けているとご自身の焦りや周りからのプレッシャーを感じたりしますよね。

そして募集の特に多い営業職に応募するというパターンは多々あります。

ですが、営業職は比較的キツイこと適性がないのに就職してしまったばかりにすぐ離職してしまいます。

そんな方はプログラマーとして就職することで、幸せな就職ができる可能性が高いので、ぜひご一読ください。

就職に焦って営業職は後悔する

Jc dela cuesta 311203 unsplash

まず結論ですが、就職を焦って向いてない仕事に就くと辛い毎日を送る方が多いです。

以前相談に来てくれた人は、焦って営業職に応募して就職後、半年で体を壊してしまいました。

かなりノルマのきつい営業だったらしいので、休みながら徐々にプログラミングの勉強をしています。

やはり1日のうちの大半を職場で過ごすので合っていない仕事は人生の質を下げますね。。。

営業に向いていない人

Hunters race 408744 unsplash

こんな人は要注意!仕事を始めても辛いので、慎重に職を選びましょう。

  • 初対面の人と話すのが苦手
  • 売り上げ目標とかノルマとか苦手
  • テレアポや飛び込みは正直気が重い

という方は間違いなく辛くなりますね。

営業に向いていない人はプログラマーを検討してみよう

じゃあ他にどんな仕事があるのかと言うと、常に募集が出ているのは

  • プログラマー
  • 介護
  • 接客

ですね!

もし座り仕事とパソコンが嫌いでなければ圧倒的にITエンジニアをおすすめします。

プログラマーをおすすめする理由

Pepi stojanovski 509192 unsplash

営業とは真逆

営業に向いていない人でも書いていますが、向いていない人には本当に辛い仕事ですよね。

その営業とは真逆の仕事なので、内向的な方でも問題なくできる仕事なんです。

スキルアップしやすい

もちろん営業もスキルアップしていきますが、なかなか他人に評価してもらうのは難しい世界なんです。

その点、プログラマー、エンジニアは使える言語や開発したアプリケーションを定量的な評価が可能な職業です。

そのため、スキルが上がると年収も比例して上がっていきます。

3年後には年収600万円

このように地道にスキルを積み上げて行くとすぐに年収が上がっていきますよ!

なぜなら現在プログラマーの需要はかなり高く、フリーランスになれば相当高い年収が期待できる時代なんです。

高等スキルがなくても、2〜3年の経験があればフリーランスに十分なれます (レバテックフリーランス担当者)

フリーランスについては以下の記事で詳しく説明しているので、ぜひとも読んでみてください。

今職歴がなくとも、新卒で就職した人の年収を軽く超えるポテンシャルを秘めた仕事がITエンジニアなので、一発逆転を狙う必要もなく、堅実にスキルアップを目指せばいいんです。

収入1.5倍!?フリーランスエンジニアの実態とは

2018.01.18

まとめ

  • 本当に営業職に向いているのか自問自答しよう
  • 対人売り込みが苦手ならプログラマーを検討する
  • フリーランスエンジニアなら3年後に年収600万は固い

2018年現在、求職者にとって有利な状況が続いているので、たとえフリーターであっても諦めないで欲しいです。

特にプログラマーはほんの少しのスキルが証明できればかなり有利に就活を進められますので、プログラマー就職を考えているフリーターの方就職保証付レッスンを一度ご覧ください!

この記事をシェアする