この記事は約5分で読めます。

プログラマーを目指すのに資格はいらない? 資格よりも重要な物とは。

プログラマーを目指すのに資格はいらない?資格よりも重要な物とは。

フリーター
プログラマーになるためにまずは資格を取ろうかな?
編集長
プログラマーは実際にプログラミングができさえすれば、資格をもっていなくても就職できるんだよ。
悩む青年
えっ? そうなんですか? 資格があれば就職できる思ったんですけど…。
編集長
プログラマーは実際にプログラミングスキルができさえすれば、資格をもっていなくても就職できるんだよ。

資格さえあれば就職できると思ったあなたは甘いです。資格さえあれば・・・と思っていると就職してから困るでしょう。

でも安心してくださいね。この記事にプログラマー・エンジニアを目指す際の心得を書いたので、この記事を読めばプログラマーを目指す準備ができます!

まずプログラマーというのは専門職ですが、医師などのように「資格をもっていないとできない」仕事ではありません。

就職の武器にするにしても、資格をもっているということよりもプログラミングスキルをもっているほうが有利です。

プログラマーになりたいなら、資格を取るよりもプログラミングができるようになりましょう。

資格よりもスキル

ITパスポートや基本情報技術者試験など、IT関連の資格はたくさんあります。

しかしプログラマーというのはそのような資格や、特別な免許がなくても就くことができる職です。

もちろん、取得していれば基礎的なプログラミングの知識を有していることをアピールできるでしょう。

でも、知識はあっても実際にプログラムのコードが全く書けないという人は残念ながら企業は欲していません。プログラマーの業界は即戦力の人材を求めていることが多いからです。

なのでプログラマーを目指すなら資格を取るよりも、プログラミングスキルを身につけてコードを書けるようになりましょう。

自分のスキルを最もアピールできるのは作品

プログラミングのスキルをアピールするのに一番いいのは、アプリやサービスなどの作品です。

見る人が見れば「この人はこれくらいのレベルのスキルがあるんだな」とすぐにわかります。

就職のときにアピールすれば、即戦力で使えそうだとかちょっとの教育で戦力になりそうだと判断してもらえます。

ココカラエンジニアの生徒さんもプログラミング初心者からオリジナルアプリを作成し、アプリを武器に見事就職に成功しました。

29歳フリーターからエンジニアへ 〜彼が就職成功した理由とは〜

2018.02.11

流行の短期プログラミングスクールでも資格取得ではなく作品

近頃たくさん出てきた、数ヶ月プログラミングを学んで就職を目指すという形のプログラミングスクール。

こういったスクールでも何か資格を取るのではなく、実際にアプリやサービスを開発しながらプログラミングを身につけます。

スクールで学んだ人たちがは高い確率で就職に成功しており、資格がなくてもプログラマーになれるということを証明しています。

先ほどご紹介したココカラエンジニアの生徒さんも、アプリを制作しましたが資格は取得していません

スキルアップするには実践が何よりの経験になり、企業へのアピールにもなるということですね。

ココカラエンジニア就職保証付きのレッスンは絶賛開催中です。興味のある方はぜひ。

資格は就職後に取ればいい

ということで、就職するのが目的であればまずはプログラミングスキルを身につけましょう。

資格は就職後に、昇給・昇格するのに取らなければならない資格があるなど、必要な場面がきたら必要な資格だけ取得すれば十分です。

すべての企業の昇給・昇格条件が資格取得というわけではないので、会社によりけり、ということになります。

また、古い企業などでは入社後に会社から「この資格を取れ」と言われることも。

ただ、入社後の資格取得は会社が資格取得費を負担してくれたり、無事資格が取れた際にお祝い金をくれたりという制度を採用している企業も多く、金銭面でもお得です。

なので、ひとまず資格取得は考えずに手を動かしてプログラムのコードを書けるようになりましょう。

プログラミングの基本はノーリスクで身につけられる

今の時代、プログラミングはほぼリスク無しで身につけられます。

会社を辞めて高いお金を払って、長い間学校に行く必要はありません

無料の学習サイトや、働きながらでも通えて比較的低価格のオンラインプログラミングスクールもたくさんあります。

完全初心者なら、まずはドットインストールプロゲートといった無料学習サイトで基礎を身に付けるのをオススメします。

それらを活用してプログラミングを学ぶのがいいでしょう。

見よう見まねでもいいからアプリを作ってみよう

学習サイトやコンテンツで学んでプログラミングの基礎が身についたら実際にオリジナルのアプリを作ってみましょう。すごく簡単なものでもいいし、すでにあるサービスの見よう見まねでもいいです。

実際に1からアプリを作ってみるとわからないことだらけで、悪戦苦闘することになるでしょう。でも、この経験こそが1番の勉強になります。

ココカラエンジニアでは「どうしてもアイデアが出ない」という方向けに音声コンテンツをご用意しましたので、ぜひ参考にしてみてください。アイデアを出すためのヒントを紹介しています。

アイデア出しのヒント

まとめ

プログラマーとして就職するのに資格を取ろうとするのは回り道になってしまいます。

  • プログラマーを目指すなら資格取得よりもスキルを身につける
  • スキルをアピールするにはアプリなどの作品をつくる
  • 仕事を続けながらの勉強でも十分
  • 基本を学んだら簡単なものでいいのでアプリやサービスをつくってみる

資格を取るよりも、オリジナルのアプリを作ることを目標にしましょう。

勉強コンテンツやLINE@であなたをサポート

ココカラエンジニアでは勉強のコンテンツを用意していますので、ぜひご活用ください。

また、LINE@ではプログラミングに関しての質問を受け付けています。解決できないエラーが出たときやアイデアが出ないときなど相談に乗りますので、ぜひお気軽にご登録ください。

この記事をシェアする