この記事は約5分で読めます。

大学中退からプログラマーになるには?

大学中退からプログラマーになるには?

フリーター
大学がつまらなくて中退しちゃったけど、もうフリーターという道しかないのかなぁ…。
編集長
そんなことないよ。学歴なんてなくても、就職できるんだよ。
フリーター
本当ですか? でも、世間では学歴が大事だって言われています…。
編集長
学歴はあったほうがいいものかも知れないけど、なくても就職できるんだよ。
フリーター
例えば、どんな職に就くことができますか?
編集長
プログラマーなんてどうかな。完全に実力の世界だから、努力次第で就職できるし、技術を学び続ければ就職後の給料も上がるよ。

プログラマーになるのに学歴は入りません

大学を中退していても、プログラミングのスキルさえあれば就職できます

世間ではいい大学を出ないと就職できずにフリーターの道しかないという声が大きいですが、そんなことは全然ありません。

門戸が広いプログラマー就職

プログラマーへの就職は、高卒でも大学中退でも採用される可能性はあります

学歴ではなく、実際にプログラミングができるかどうかを見るからです。

IT業界の慢性的な人手不足も手伝って、未経験の人を雇ってくれる企業はたくさんあります

ただ、
未経験とはプログラマーとしての実務が未経験ということで、プログラミング完全未経験の人という意味ではない
ので注意が必要です。

これからの事を考えていこう

何か学びたいことがあって大学に入ったのであれば大学に通う意味はありますが、なんとなく入ったのなら中退したことは良い決断でしょう。

今時、ただ大学を卒業してもあまり価値はありません。

だったらフリーターなどをしながら、空いた時間にプログラミングを学ぶほうがよっぽど良いです。

なんとなく大学を出てなんとなく大企業に就職しても、その企業でしか使わないようなスキルしか身につきません。

が、プログラミングというスキルは汎用性があるので転職もしやすいですし、独立だってできます

具体的な活動内容

プログラマーとして就職したいと思ったら、行動してみましょう。

プログラミングに手を出す

プログラミングを覚えるには、自分でコードを書いてプログラムを走らせてみることが大切です。

まずは知識から…とただ本を読んだりするだけではちっとも身につかないので、まずは手を動かしてみましょう。

業界・職種を決めよう

IT業界にも、色々な職種があります。

フロントエンジニアやサーバーサイドエンジニア、インフラエンジニアなど同じに見えていろいろと異なる業務をします。

システムエンジニアとインフラエンジニアの違い

2017.12.01

就職してから、想像していた業務と違ったなんてことにならないように、事前に業界について調べておきましょう

おすすめ学習サイト

プログラミングの学習サイトなどは溢れていて、無料のものもたくさんあります。

おすすめの学習サイトを3つ紹介します。

ドットインストール

初心者向けの、動画でプログラミングを学べるサイトです。

フロントエンドからサーバーサイドまで、豊富な種類の動画を見ながら学習することで、初めての人でも無理なくプログラミングを身につけることができます。

プロゲート

オンラインプログラミング学習サービスです。

ドットインストールと同じく幅広い言語を、ゲーム感覚で基礎から学ぶことができます。

ココカラエンジニアの初心者向け講座

ココカラエンジニアでも、初心者向けの講座を公開しています。

プログラミング初心者の方が挫折しないような内容になっていますので、ぜひ覗いてみてください。

まとめ

大学中退したからといって、 フリーターの道しかないなんてことはないということを理解してもらえましたか?

プログラマーになら、プログラミングスキルを身につけさえすれば就職可能です。そのためにやることは、

  1. プログラミングに触れてみる
  2. どのような職種のプログラマーになるのか決めて、業界を調べておく
  3. 学習サイトなどで学んでプログラミングを身につける

大学中退したことはもう過去のことなので、悩んだり後悔しても時間の無駄です。

これからに向けて行動しましょう。

時間を切り売りするフリーターよりも、自分の身につけたスキルを使って仕事をするプログラマーのほうがきっと働きがいがあるでしょう。

LINE@に登録すると、IT業界内の情報を知れたり、プログラミングの相談や就職の相談も受け付けています。

ぜひお気軽にご登録ください。

この記事をシェアする