この記事は約4分で読めます。

大学中退からエンジニアに就職するには?

大学中退からエンジニアに就職するには?

エンジニアになりたい方、大学中退してもエンジニアに就職できることを知っていましたか?

実は日本でエンジニアになるのに学歴は重視されないんです。

ここでは、なぜ大学中退者でもエンジニアになれるのか、具体的に何をすれば就職できるのか、また便利な学習サイトやIT業界の職種についても詳しく知ることができます。

大学中退してしまったからといってエンジニアへの就職を諦める必要はありません。

学歴がなくても正しい行動をすれば大丈夫です。

この記事を読んで実践してもらえれば、きっとエンジニアになれますよ!

大学中退でも大丈夫!門戸が広いエンジニアへの就職

エンジニアへの就職は、高卒でも大学中退でも採用される可能性があります

学歴ではなく、実際にプログラミングができるかどうかを見るからです。

IT業界の慢性的な人手不足も手伝って、未経験の人を雇ってくれる企業はたくさんあります

ただ、
未経験とはエンジニアとしての実務が未経験ということで、プログラミング完全未経験の人という意味ではない
ので注意が必要です。

 

大学中退の過去よりも未来の事を考えていこう

何か学びたいことがあって大学に入ったのであれば大学に通う意味はありますが、なんとなく入ったのなら中退したことは良い決断でしょう。

今時、ただ大学を卒業してもあまり価値はありません。

だったらフリーターなどをしながら、空いた時間にプログラミングを学ぶほうがよっぽど良いです。

なんとなく大学を出てなんとなく大企業に就職しても、その企業でしか使わないようなスキルしか身につきません。

が、プログラミングというスキルは汎用性があるので転職もしやすいですし、独立だってできます

 

エンジニアに就職するための具体的な活動内容

エンジニアとして就職したいと思ったら、行動してみましょう。

プログラミングに手を出す

プログラミングを覚えるには、自分でコードを書いてプログラムを走らせてみることが大切です。

まずは知識から…とただ本を読んだりするだけではちっとも身につかないので、まずは手を動かしてみましょう。

業界・職種を決めよう

IT業界にも、色々な職種があります。

フロントエンジニアやサーバーサイドエンジニア、インフラエンジニアなど同じに見えていろいろと異なる業務をします。

システムエンジニアとインフラエンジニアの違い

2017.12.01

就職してから、想像していた業務と違ったなんてことにならないように、事前に業界について調べておきましょう

 

エンジニアへ就職する第一歩!おすすめ学習サイト

プログラミングの学習サイトなどは溢れていて、無料のものもたくさんあります。

おすすめの学習サイトを3つ紹介します。

ドットインストール

初心者向けの、動画でプログラミングを学べるサイトです。

フロントエンドからサーバーサイドまで、豊富な種類の動画を見ながら学習することで、初めての人でも無理なくプログラミングを身につけることができます。

プロゲート

オンラインプログラミング学習サービスです。

ドットインストールと同じく幅広い言語を、ゲーム感覚で基礎から学ぶことができます。

ココカラエンジニアの初心者向け講座

ココカラエンジニアでも、初心者向けの講座を公開しています。

プログラミング初心者の方が挫折しないような内容になっていますので、ぜひ覗いてみてください。

 

まとめ

大学中退したからといって、 エンジニアを諦める必要はないということを理解してもらえましたか?

エンジニアになら、プログラミングスキルを身につけさえすれば就職可能です。そのためにやることは、

  1. プログラミングに触れてみる
  2. どのような職種のエンジニアになるのか決めて、業界を調べておく
  3. 学習サイトなどで学んでプログラミングを身につける

大学中退したことはもう過去のことなので、悩んだり後悔しても時間の無駄です。

これからに向けて行動しましょう。

まずはここで紹介した学習サイトを利用して、実際に手を動かしてプログラミングに触れてみてください。

もしも途中で行き詰まったり、基礎が終わって次は何をやったらいいのかわからないという人はココカラエンジニアのLINE@で気軽に相談してくださいね。

LINE@

この記事をシェアする