電話対応が苦手・・・電話を使わなくていい理由を書いてみる 

YUMA
こんにちは。実は電話が苦手なYUMAです。

今はこんな偉そうにブログを書いてますが、実は電話が苦手であえて出ない(笑)こともあります。

それになぜか電話で連絡することがマナーみたいになってるじゃですか?「メールで失礼します」という謎の枕詞がメールの最初にあったり。

しかもプログラミングしてるのにいきなり電話かかってきたら迷惑じゃないですか?

そんなこんなで今日は電話のお話。僕がサラリーマン時代やらかした事と電話がなくてもいい理由を書いていきますよ!

YUMA
実はいきなり電話が鳴ることにビビってるのはここだけの話・・・

電話対応でやらかした経験

さてと、やらかし経験を書くのは恥ずかしいのですが、「みなさんの失敗なんて大した事ないよ」と思ってもらえるように晒していきましょう!

1.内線の繫ぎ方がわからず、休みということにする

実は会社のオフィスに行くと固定電話があるんですよ。20歳前後の人は見た事ないかも?

YUMAが新入社員としてとある部署に配属されます。その2週間後、事件は起こります。

取引先
もしもし、〇〇株式会社の××と申します。△△様はお見えでしょうか?
YUMA
いつもお世話になっております(僕は初めてなんだけどな〜) △△ですね。ちょっとお待ちください。(正しくは少々w)

部署の席を見る。△△さんは居ない、それどころか会議で誰もいない。。ここで内線転送しなければならない事に気がつく!がやり方がわからない(涙)

Denwaoutai 300x200

やばい!テキトーにボタンを押してみるが、変な保留音がする・・しかし、ここで名案を思い付く。

YUMA
お待たせしました。実は本日△△は休みを頂いておりまして・・・
取引先
さようでございますか。では△△様にメールさせていただきますね。では失礼致します。
Wmn0117 001

YUMAはこの方法でなんとか乗り切ったのであった。そして△△さんが当日中にメールを返したのかは誰も知らないのであった・・・

2.社名や名前を忘れる

これよくある話だと思うんですけど、やっちゃうんですよ。

上司
メモとれメモ!

と言われるんですが、電話で名前聞く→メモするこの間に忘れてしまうんですよねぇ。我ながらすごい短期記憶能力のなさです。どう考えてもPHPのセッション時間の方が長いですね(笑)

1と2のコンボ

一番やばいのがコレ!

1のパターンで繋げなかった→名前を△△さんに伝えれば最悪折り返してくれるんですが、もし誰から掛かってきたか分からない場合ヤバイです!

こっちからは連絡することができない。相手は連絡待ちだったらアウト。

実はこれもやっちゃったんですが、相手の人が折り返してくれましたね(汗

とまあ新入社員に電話番なんてやらせるとトラブルの元なんですよね。特にだんだん電話する機会が減ってきてるので、新入社員は電話できなくても不思議じゃないんです。

では失敗談はこれくらいにして、電話がなくいてもいいポジティブな理由を上げていきましょうか。

電話がなくても仕事ができる理由

電話の怖さがなくなって仕事がはかどるから

さっそくネタみたいな話ですけど、これホント。

ここだけの話ですけど、いきなり電話かかってくるかも!?なんて思ったら集中できないじゃないですか。

特に起業した当初なんて、会社のWebサイトに電話番号載せてたから営業電話がいっぱいきて集中できませんでしたよ。

今はスマホを裏向きにすると全ての通知が止まるHUAWEI novaLiteを使っているので快適です!

この向きで通知をシャットアウト!

チャットの方が迷惑じゃないから

チャットならやりとりが残るし、空いている時間に読める分、相手に負担を掛けないんですね。

それに営業電話ってよく考えたら酷くないですか?いきなり顔も名前も知らない人から電話が来て商品売られるんですよ。

という事でビジネスの連絡はチャット一択です。

そのうち脳ベースでコミュニケーションできるから

自動運転のテスラモーターやSpaceXというロケット会社のCEOイーロンマスク氏が立ち上げた第3の会社ニューラルリンク社が脳とコンピューターをつなぐ検討をしています。

これができれば言葉を交わさなくとも

YUMA
電話かかってきたら嫌だな〜

という思考がクラウドサーバー上にアップロードされ

カエル
YUMAは電話苦手なのか!

僕の思考が伝わる技術もできるということです。圧倒的に早いコミュニケーション手段ですね。

脳とAIを電極で接続、イーロン・マスク氏、新たなスタートアップを設立〜WIREDより〜

苦手な事は対策を考えて逃げよう

4年間会社で働きましたが、今でも電話は苦手なんですね。

やはり苦手はなかなか克服できないし、克服するのには大変な労力が必要です。

それならば代替手段を考えたり、得意な人に代わってもらう仕組みを作って楽しく過ごしましょう。

電話が苦手でもいいじゃないですか、あなたもタイピングを得意になってチャットで快適に仕事をしてみませんか?

 

この記事より濃いプライベートな話もしているLINE@です。もしよろしければ「友だち追加」をお願いしますm(_ _ )m

この記事をシェアする