この記事は約4分で読めます。

日本で一番簡単なWindowsでLaravelのインストール

日本で一番易しいWindowsでLaravel環境の構築解説

Web業界はMacばかりなのですが、初心者の方はWindowsユーザーが多いですよね。Windowsだからといって、プログラミングができないのはナンセンスなので、Windowsユーザー向けに日本一簡単丁寧にLaravelPHPの導入解説をしました。

PHPが動く環境を構築(XAMPP)

まずはこちらの記事を参考にXAMPPをインストールします。

XAMPPとはWebサービスを開発するにあたり必要なソフトを一括で準備してくれる便利なソフトです

Windowsユーザーの味方!PHPを使う時にはXAMPPでらくらく開発

2017.10.27

XAMPPを正しくインストールできたらCドライブの下に htdocsというフォルダができているかと思います。
ここまで来ればXAMPPの準備はOKです!

PHPのお助けソフトcomposerをインストール

では続いてphpのお助けソフトcomposerをダウンロードしていきましょう!

composerダウンロードからダウンロードしていきます。

composerダウンロード画面

ちょっとわかりにくいですが、 Composer-Setup.exe をクリックしてソフトをインストールしましょう。

Composer-Setup.exeを実行直後の様子

ダウンロードしたComposer-Setup.exeをダブルクリックすると↑のような画面になりますね。

そうしたら、Developer modeにチェックをいれてNEXTをクリックしましょう。

ここは変更なしでOKです。

ここのそのままNEXTでOKです。

ここも何もせずNEXTをクリック。以上でComposerのインストールは完了です! これでComposerコマンドが使えるようになりました。

いよいよ本番Laravel PHPのインストール

ではいよいよ、Composerを使ってLaravelPHPをインストールしていきます。まずはコマンドプロンプトを起動しましょう。

terminal

ターミナルを開いたところ

cd /xampp¥htdocs とコマンドプロンプトに打ってください。

htdocsフォルダに移動したところ

続いて、

と打ってください。

好きなフォルダ名の部分は 半角 でお好きなものを入力してくださいね

composer経由でLaravelをインストール

しばらく反応がないので不安になりますが、1分ほどでインストールが開始されます。

5分ほど待ちましたら、↓の画面になりますので、インストール完了です!

インストール完了画面

インストール完了画面

インストールできたか確認

ではxamppを起動して、laravelのトップページを開いていきましょう。

xamppの起動

XAMPPの起動

XAMPPの起動

 Laravelにアクセス

にアクセスするとインストールしたLarvelを開くことができます。以下のページになっていればOK!

Laravelのトップページ

Laravelのトップページ

インストールお疲れ様でした。コマンドを打ったりして慣れなかったと思いますが、これでLaravelでのWebサービス開発ができるようになりました。

次のステップ

これでいよいよlaravel での開発ができるようになりました。

これからが本番なので、プログラミングを楽しんでいきましょう!

LINE@

この記事をシェアする