この記事は約4分で読めます。

サービスが作れればOK! 就職できるレベルのプログラミングスキル

サービスが作れればOK! 就職できるレベルのプログラミングスキル

悩む青年
プログラマーになりたいんだけど、どれくらいのスキルがあればいいんだろう…。
編集長
就職できるレベルだったら、簡単なサービスを構築できれば十分だよ。

プログラマーになるにはプログラミングを勉強してから就職する、というのが近道です。

ですが一体どれくらいのレベルを目指せばいいのでしょうか。

それは、自分でサービスが構築できるくらいのレベルです。簡単なものでもいいので、サービスを構築できるようになりましょう。

オリジナルサービスの構築か既存サービスをコピーできるレベルになろう

ただお手本の通りにコードを書いてプログラミングの言語を学んでいるだけでは、プログラミングスキルはある程度までしか上達しません。

もちろん基礎を固めるために言語学習は大切です。でも、基礎がわかってきたら1からサービスを作ってみましょう。

既存サービスのコピーでもスキルはかなりレベルアップする

簡単なオリジナルサービスでも、既存サービスのコピーでも構いません。

サービスを自力で完成させるということは、企画や設計、そして実際にプログラミングと、開発の流れをすべて経験するということです。

自分のスキルレベルを把握して相手に伝えられるようになるのも大事

サービスを作れるレベルになれば自分のスキルがどれくらいか把握できるので、相手にも伝わりやすくなります。

自分が今現在どれくらいのスキルをもっているのか把握する、ということはとても大事です。把握できていないと相手に伝えることもできませんからね。

スキルレベルを伝えられるようになれば企業エンジニアの人とも話が通じて、採用される可能性は高まるでしょう。

作ったサービスをポートフォリオにして就職面接に挑むと、コードを見てもらったりということが可能になるので、よりスムーズに自分のスキルレベルを伝えられます

企業は即戦力レベルの人材を欲している

現在、多くのIT企業は人手不足で嘆いています。未経験で求人を出している企業も多いですが、そのような企業もやはりできれば即戦力の人材が欲しいと思っているんですね。

なのでプログラマーになりたいなら、少しでも即戦力に近づけるようプログラミングスキルを磨いてから就職活動をしましょう。

前述したように、サービスを作ってネットで公開してこんなサービスを作りましたと作品を見せるのが効率的です。

プログラミングは独学でも十分学べる

プログラミングを学ぼうと思ったら、無料の学習サイトや書籍など勉強できるツールは溢れています。

毎日少しずつ、空いた時間に勉強をするということも可能です。

とくに無料の学習サイトはとてもわかりやすく、プログラミングとはどういうことなのかが理解できるので、まずはそういった学習サイトを利用してみるといいでしょう。

動画サイトのドットインストールや、ゲーム感覚で楽しく学べるプロゲートあたりがおすすめです。

独学に自信のない人はココカラエンジニアを活用しよう

プログラミングを覚えたいけど、どうしても独学が苦手という人はぜひココカラエンジニアを活用してください。

プログラミング完全初心者の方を対象にした勉強コンテンツや、就職保証つきのレッスンを提供しています。

初心者からスタートして、オリジナルサービスのポートフォリオを作成して就職を目指すレッスンです。

プログラミングを身につけて企業に就職できるまで徹底的にサポートしますので一緒にスキルを磨きましょう!!

まとめ

就職するにはどれくらいのレベルのプログラミングスキルが必要か、わかってもらえましたか?

  • サービスを作れるレベルになれば就職できる
  • 簡単なオリジナルサービスでも既存サービスのコピーでOK
  • 未経験で募集をかけている企業でもスキルが高い人材を欲しがっている
  • 自分のスキルレベルを把握して相手に伝えられるようになると良い
  • 独学でも学習できるが苦手な人はココカラエンジニアを活用しよう

ただ言語の学習をするだけでなく、サービスを作って企業が求める人材を目指しましょう。

勉強コンテンツやLINE@であなたをサポート

ココカラエンジニアでは初心者向けの勉強コンテンツを用意していますので、ぜひご活用ください。

また、LINE@では就職・転職に関しての質問を受け付けています。

解決できないエラーなどプログラミングについての相談にも乗りますので、ぜひお気軽にご登録ください。

この記事をシェアする