この記事は約5分で読めます。

【LINE@相談】プログラマーになるために専門学校に行く必要はあるのか?

【LINE@相談】プログラマーになるために専門学校に行く必要はあるのか?

質問者
プログラマーを目指そうと思ったのですが、やはり専門学校に通わないと難しいでしょうか?
編集長
そんなことありません。数ヶ月間のプログラミングスクールや、独学しながらの就職活動でもなれます。
質問者
そうなのですか? 高いお金を払って専門学校に通って、難しい資格を取らなければならないと思っていました。
編集長
そういうイメージが大きいようですね。資格よりも実際にコードを書けることの方が大切ですし、知識はあとからついてきます。
質問者
詳しく聞かせてください。

プログラマーとして就職するには、高いお金を払って何年も専門学校に通わなければならない

そんな風に考えている人も多いのではないでしょうか。

実はそんなことはなく、数ヶ月のプログラミングスクールに通ったり、学習サイトや本での独学で十分なんです。

結論としては短期間スクール or 独学

プログラマーになるには、短期プログラミングスクールや、独学で学ぶのが近道です。

わざわざ高額な学費を払って専門学校に行く必要はありません。

例えば、とある専門学校の学費は

■入学金 100,000円

■学費  年額850,000円~1,000,000円

と、かなり高額です。

さらにこれプラス、別途、教材費・教科書代などがかかります。

対して短期スクールは10万円〜数十万円ほどで受講できます。

現状プログラマーは需要が高いので就活は難しくなく、ある程度コードが書ければ雇ってくれる企業はたくさんあります

何年も専門学校に通って勉強する必要はないんです。

専門学校がいらない理由

専門学校がいらないと考える理由を解説していきます。

現場で必要な技術は現場で得られるから

いくら長い時間勉強したとしても、やはり実際の仕事で必要な技術は現場で得るしかありません

だったら最低限の知識をつけて、さっさと就職してしまった方が良いです。

就職するために年単位の勉強は不要

プログラマーとして就職するまでなら、年単位の勉強はいりません。

初心者でも数ヶ月も学べばそれなりの実力がつき、雇ってくれる企業も出てきます。

例えばココカラエンジニアの生徒さんは、完全初心者の状態からわずか2ヶ月で以下のようなWebアプリを作成できるまでの実力をつけました。
生徒さんが作ったアプリ

専門学校に通って資格を取るよりも、こうして実際に自分でアプリを作ったりする方がよっぽど実力の証明になります

学費が高額だから

そして高い学費です。

専門学校は学費だけで年間120万円もかかります。

この費用を技術習得に当てた方がよっぽどいいエンジニアになれるでしょう。

専門学校に通わないと決めたらやること

まずは独学で、ドットインストールやプロゲートなどの無料学習サイトで学ぶことから始めるのが良いでしょう。

基礎的なことを理解してきたら、本を買ってみたりプログラミングスクールに入ってみたりと、次の段階に進みましょう。

就職活動

ある程度プログラミングの実力がついてきたら、興味のある・行きたいと思う企業にとにかく応募してみましょう。

その時に、制作したアプリなどを見せて自分の実力がどれくらいなのかを伝えるのも大切です。

プログラミングの勉強

勉強するべきオススメのプログラミング言語は、java・PHP・javascriptあたりです。

理由は、需要が高く案件が多いからです。

どの言語をやってみようか迷ったなら、参考にしてみてください。

プログラミングの勉強に躓いたらスクールも検討してみる

独学で学んでいると、どうしてもコレがわからない、ということが出てくると思います。

そうしたらプログラミングスクールに入ってしまうのもひとつの手です。

たくさんスクールがありますが、どこも大体1ヶ月10万円ほどです。

ココカラエンジニアならマンツーマンレッスンで学べて月額20,000円〜と、他のスクールよりお得です。

ココカラエンジニアのレッスン

まとめ

ということで、プログラマーとして就職するために専門学校に行く必要はないということ、ご理解していただけましたでしょうか。

  • プログラマーになるのに専門学校に行く必要はない
  • 数ヶ月のプログラミングスクールや独学で十分
  • ある程度プログラミングができるようになれば就職できる
  • まずは独学でプログラミングに触れてみて、躓いたらスクールを検討

ココカラエンジニアでも個別レッスンを行っていますので、学びたい方はぜひ。

また、LINE@に登録していただけると、プログラミング学習に行き詰まった時解決できないエラーが出てしまった時、就職の相談なども受け付けていますので、ぜひお気軽にご登録ください。

LINE@

この記事をシェアする