この記事は約4分で読めます。

30歳ならギリギリセーフ! 未経験からのエンジニア就職の流れとは

30歳ならギリギリセーフ! 未経験からのエンジニア就職の流れとは

悩む男
ついに30代になっちゃった…。今からエンジニアになるのって無理だろうな…。
編集長
そんなことないよ。IT業界は人材不足。30歳でもがんばればエンジニアになれるよ。

転職は20代まで。未経験の業界に飛び込むなんて不可能。そんな風に思っている人が大多数でしょう。でも、がんばれば大丈夫。30歳、未経験でもITエンジニアに転職することは可能です。20代の人に比べたら不利ではありますが、正しく努力すれば就職できます。

IT業界は30代未経験でも就職できる

今、IT業界は人材不足が深刻です。ブラックな業界というわけではなく、盛り上がっていて将来性もある業界だからです。

そのため他の業界から未経験で採用されて入ってくる人も多く、きちんと努力できる人であれば年齢が30歳を過ぎていても雇ってくれる企業はあるんですね。

IT業界未経験でも努力をする覚悟があれば、30代でもギリギリでエンジニアに転職できるということです。

プログラミングの勉強は必要

ただ、30代で雇ってくれる企業があるといっても、当然ながら20代のほうが有利です。

20代前半だと、プログラミングも完全未経験という状態でも就職できてしまう場合があります。これは30代になるとほぼ不可能なんですね。

その20代と競争することになるので、30代でITエンジニアとして就職を勝ち取るには努力は絶対に必要になってきます。

その努力とは、プログラミングを身につけ、さらに就職後も能動的に学び続けるということ。こうした努力をしてきちんとアピールすれば、30代であろうと企業から良い評価をもらえるでしょう。

30代の人はサービスを作れるようになってから就活しよう

残念ながら20代の求職者と比べると30代の求職者は不利というのが事実なので、その事実を認めてプログラミングを勉強してから就活をしましょう。

就活を始めるタイミングとしては、簡単なものでいいので何かオリジナルのサービスが作れるようになってからです。

サービスが作れればOK! 就職できるレベルのプログラミングスキル

2018.05.28

ツイッターのようなSNSや掲示板のようなサイトを制作してGithubにコードをアップして面接の時に見せる、というような方法でプログラミングができることを相手に伝えることができます。

既存サービスと同じようなものでもいいので何かしらポートフォリオを作ってから就活しましょう。

ココカラエンジニアの就職保証付きレッスンでIT業界へ行こう

ココカラエンジニアでは就職保証付レッスンを開催しています。

プログラミング完全初心者からスタートして、3〜6ヶ月学んでオリジナルサービスのポートフォリオを作成し、さらに就職保証まで付くというレッスンです。

学習する言語はPHPというWeb言語で、言語の他にインフラやデータベースも学べるんですね。短期間でしっかり学んでポートフォリオを作った後は、履歴書の書き方や面接の対策まで徹底的にサポートします。

30代前半だけど本気でITエンジニアに転職したい、というやる気のある方のお申し込みをお待ちしています!!

まとめ

30代前半でもがんばれば、ギリギリでITエンジニアに転職できる可能性があるということ知ってもらえましたか?

  • IT業界は人材不足もあり未経験でも30代前半ならギリギリ転職できる可能性がある
  • ある程度プログラミングができるようになるなどの努力は絶対に必要
  • 簡単なサービスが作れるくらいのレベルになったら就活しよう
  • ココカラエンジニアのレッスンは就職保証が付いている

努力はいりますが、30歳でITエンジニアになるのは夢物語などではありません。ココカラエンジニアで転職のお手伝いをしますので、ぜひご活用ください。

勉強コンテンツやLINE@であなたをサポート

ココカラエンジニアでは初心者向けの勉強コンテンツを用意していますので、ぜひご活用ください。

また、LINE@では就職・転職に関しての質問も受け付けています。

解決できないエラーなどプログラミングについての相談にも乗りますので、ぜひお気軽にご登録ください。

この記事をシェアする